安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
古建築を復元する

各地の遺跡の復元建物の設計はいかに行われているのか。発掘遺構や遺物、現存する古代建築、絵画資料など、復元の世界の魅力に迫る。
★第5回古代歴史文化賞 優秀作品賞受賞!

 
タネをまく縄文人

X線写真・CTスキャン・3D画像…。最新技術が検出した土器の中に眠る考古資料「タネ」「ムシ」から、縄文人の食生活を問い直す。
★第5回古代歴史文化賞 大賞受賞!
★読売新聞 2016.2.21読書面で紹介されました!
 評者:清水克行氏(明治大学教授)

 
織田信長と戦国の村

近江を事例に、各郡を管轄した佐久間信盛らの行政、武将の立場などを解明。村落の側からも政権の特質に迫った、新視点の戦国時代史。

 
平家物語の女たち

『平家物語』には魅力的な女性も多く登場する。男勝りの武者巴、義経の愛妾静などの歴史事象から描かれたイメージを読み解く。

 
みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

家康の入府以来、巨大城下町へと変貌する江戸。幕藩権力や物流、人びとの生活を支えるインフラや都市行政…。人びとの営みを描く。
★シリーズ第2回配本

 
保科正之

江戸前期の会津藩主。父は徳川秀忠。将軍家綱を後見して幕府支配体制を安定させ秩序化へと導いた。家訓十五条を遺した生涯を描く。

 
歴史手帳2018年版

日記を兼ねたコンサイス読史備要として毎年歴史家をはじめ、教師・ジャーナリスト・作家・学生・歴史愛好者等、多数の方々が愛用。

 
東北の名城を歩く 北東北編

3県から精選した名城59を、最新の発掘成果に文献による裏付けを加えて、詳細・正確な解説と豊富な図版で紹介。城探訪に最適。

 
わくわく!探検 れきはく日本の歴史

博物館が本になった! 小中学生が日本の歴史と文化を楽しく学べる新しいシリーズ。見て、読んで、体験する江戸時代。
★シリーズ刊行開始! 第1回配本

 
牛車で行こう!

古記録などから、乗り降りの作法、車種の違い、動力=牛の性能など、失われた日常生活を豊富な図版とともに再現。その魅力に迫る。
★好評4刷決定!
★朝日新聞 2017.8.27読書面で紹介されました!
 評者:宮田珠己氏(エッセイスト)
★読売新聞 2017.8.27読書面で紹介されました!
 評者:清水克行氏(明治大学教授)
★信濃毎日新聞 2017.10.15読書面で紹介されました!
 評者:橋本麻里氏(ライター・編集者)

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
RSS

新刊情報

日本中世社会と禅林文芸

日本中世社会と禅林文芸

漢文などから禅宗寺院と世俗の関係を活写

著者:芳澤 元
 
室町期顕密寺院の研究

室町期顕密寺院の研究

東寺と東大寺は政治・社会にどう対応したか

著者:西尾 知己
 
 
日宋貿易と仏教文化

日宋貿易と仏教文化

社会史の視点から豊かな国際関係を描く

著者:大塚 紀弘
 
古代の天皇祭祀と神宮祭祀

古代の天皇祭祀と神宮祭祀

双方の密接不可分な構造上の対応関係を考察

著者:藤森 馨
 
 
交通史研究 91

交通史研究 91

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会 編集
 
織田信長と戦国の村

織田信長と戦国の村 457

信長が配下の武将に命じた村「支配」の内実

著者:深谷 幸治
 
 
古代朝鮮の国家体制と考古学

古代朝鮮の国家体制と考古学

考古学的手法で国家体制に鋭くアプローチ

著者:山本 孝文
 
如来教の成立・展開と史的基盤

如来教の成立・展開と史的基盤

新宗教の嚆矢とされる如来教の出自を解明

著者:神田 秀雄
 
 
平家物語の女たち

平家物語の女たち

巴、静…。戦乱の時代を彩った女性群像

著者:細川 涼一
 
みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

〈東京〉の礎を築いた巨大城下町江戸の全貌

 
 
正倉院文書研究 15

正倉院文書研究 15

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

著者:正倉院文書研究会 編集
 
角田文衞の古代学 4

角田文衞の古代学 4

角田史学の成果を集大成!刊行開始。

 
 
保科正之

保科正之 290

家綱を後見し家訓十五条を遺した会津藩主

著者:小池 進
 
歴史手帳2018年版

歴史手帳2018年版

日記と歴史百科が一冊で便利な大好評の手帳

 
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 上巻

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 上巻

弘治2年~天正18年の文書934点を収録

著者:中村 孝也
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之二

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之二

元和元~2年の文書182点、花押集等収録

著者:中村 孝也
 
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之一

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 下巻之一

慶長6年~同19年の文書1047点を収録

著者:中村 孝也
 
新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 中巻

新訂 徳川家康文書の研究(新装版) 中巻

天正18年~慶長5年の文書668点を収録

著者:中村 孝也
 
 
近世日本政治史と朝廷

近世日本政治史と朝廷

天皇・朝廷の存在を視点にあて解明

著者:山口 和夫
 
日本文化史講義

日本文化史講義

歴史の捉え方が変わる文化・思想史の必読書

著者:大隅 和雄
 
 
東北の名城を歩く 北東北編

東北の名城を歩く 北東北編

名城59を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
古代地方寺院の造営と景観

古代地方寺院の造営と景観

地方社会のなかでの寺院の多様性を探る

著者:梶原 義実
 
 
平家政権と荘園制

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造などを分析する

著者:前田 英之
 
鎌倉遺文研究 40

鎌倉遺文研究 40

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
 
日本考古学 44号

日本考古学 44号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
よみがえる古代の港

よみがえる古代の港 455

失われた港から見える古代の風景

著者:石村 智
 
 
江戸の出版統制

江戸の出版統制 456

戯作の文学的魅力と処罰の理由を探る

著者:佐藤 至子
 
日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

時代を動かした知的アウトサイダーの実像

著者:今井 雅晴
 
 
みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

人びとの暮らしや社会の動きを中心に描く

 
現代語訳 小右記 5

現代語訳 小右記 5

実資は紫式部の取り次ぎで彰子と接触する

著者:倉本 一宏
 
 
明治期の地方制度と名望家

明治期の地方制度と名望家

従来の評価を地域社会の側から捉え直す

著者:飯塚 一幸
 
世界史のなかの天正遣欧使節

世界史のなかの天正遣欧使節

日欧双方に衝撃を与えた彼らの全貌に迫る!

著者:伊川 健二
 
 
わくわく!探検 れきはく日本の歴史

わくわく!探検 れきはく日本の歴史 3

見て、読んで、体験する江戸時代!

 
雅の近世、花開く宮廷絵画

雅の近世、花開く宮廷絵画 4

琳派の生成、描く天皇…京都画壇の実像

 
 
戦国史研究 74

戦国史研究 74

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
 
土木技術の古代史

土木技術の古代史 453

〝土木〟から見る古代人の知恵と経験の結集

著者:青木 敬
 
モノと技術の古代史 陶芸編

モノと技術の古代史 陶芸編

使い方を解明し、製作技術の工夫を描く

著者:小林 正史
 
 
伊達政宗と南奥の戦国時代

伊達政宗と南奥の戦国時代

政宗による統一過程を文献・考古から追究

著者:垣内 和孝
 
日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会

当時の葬送の実態を明らかにし死生観に迫る

著者:島津 毅
 
 
真田松代藩の財政改革

真田松代藩の財政改革

日本的経営の理想として注目された名著復刊

著者:笠谷 和比古
 
古代豪族葛城氏と大古墳

古代豪族葛城氏と大古墳

畿内の最有力豪族の実態を考古資料から描く

著者:小笠原 好彦
 
 
荷車と立ちん坊

荷車と立ちん坊

知られざる明治社会の側面を探る!

著者:武田 尚子
 
東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
 
帝都防衛

帝都防衛 452

災害とその対策からみえてくる社会の姿とは

著者:土田 宏成
 
出雲の中世

出雲の中世 451

一地域から見えてくる中世国家のすがた

著者:佐伯 徳哉
 
 
源 頼義

源 頼義 289

義家・頼朝へと続く河内源氏二代目の実像!

著者:元木 泰雄
 
相模武士団

相模武士団

政治権力の磁場に生起した武士団の興亡!

著者:関 幸彦
 
 
埋もれた江戸

埋もれた江戸

江戸大名の生活を調査の臨場感と併せ紹介

著者:藤本 強
 
天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏

皇位の正統性はいかにして創出されたのか?

著者:松本 郁代
 
 
ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
江戸の親子

江戸の親子

近世の親子関係と子育ての実態に迫る

著者:太田 素子
 
 
キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
牛車で行こう!

牛車で行こう!

牛車から読み解く平安貴族社会と都市文化

著者:京樂 真帆子
 
 
文明に抗した弥生の人びと

文明に抗した弥生の人びと 449

大陸の新文明をどのように改変していったか

著者:寺前 直人
 
古文書研究 83

古文書研究 83

内容豊富な古文書研究唯一の雑誌

著者:日本古文書学会 編集
 
 
浅草寺日記 37

浅草寺日記 37 37

江戸時代を知るための貴重な文献。

 
近世史研究遺文

近世史研究遺文

六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成

 
 
覚醒する〈関東〉

覚醒する〈関東〉 3

東国から見つめ直す古代社会の変容と終焉

著者:荒井 秀規
 
角倉素庵

角倉素庵

近世経済や文化の発展に足跡を残した生涯

著者:林屋 辰三郎
 
 
近代皇室イメージの創出

近代皇室イメージの創出 6

近代における天皇のありようを問い直す

 
沖縄の戦争遺跡

沖縄の戦争遺跡

数千件から厳選し写真と解説で実態に迫る

著者:吉浜 忍
 
 
伊達政宗の研究(新装版)

伊達政宗の研究(新装版)

政宗の全貌に鋭く迫る大著。待望の復刊

著者:小林 清治
 
日本考古学年報 68

日本考古学年報 68

我が国の考古学的動向を知る唯一の書

著者:日本考古学協会 編集
 
 
日本考古学 43号

日本考古学 43号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
戦国史研究 73

戦国史研究 73

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
 
柿本人麻呂

柿本人麻呂 288

『万葉集』を手がかりに謎多き生涯に迫る

著者:多田 一臣
 
〈ものまね〉の歴史

〈ものまね〉の歴史 448

日本の芸能の底流を発見!展開の歴史を描く

著者:石井 公成
 
 
表象としての皇族

表象としての皇族

時代にあわせ姿を変える皇族表象の文化史

著者:茂木 謙之介
 
「うつわ」を食らう

「うつわ」を食らう

食器の歴史を追い食文化の形成をたどる

著者:神崎 宣武
 
 
乱世の王権と美術戦略

乱世の王権と美術戦略 3

天皇と天下人、和と漢。相克という美の磁力

著者:髙岸 輝
黒田 智
 
交通史研究 90

交通史研究 90

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会 編集
 
 
デジタル技術でせまる人物埴輪

デジタル技術でせまる人物埴輪

大迫力のデジタル画像で古代人の姿が蘇る

著者:城倉 正祥
 
天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447

天皇との関係から古代国家の姿を描く!

著者:十川 陽一
 
 
鎌倉遺文研究 39

鎌倉遺文研究 39

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
日本古代の氏族と系譜伝承

日本古代の氏族と系譜伝承

『円珍俗姓系図』などから実態と諸相に迫る

著者:鈴木 正信
 
 
古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
現代語訳 小右記 4

現代語訳 小右記 4

一条天皇崩御。実資と道長に新時代が訪れる

著者:倉本 一宏
 
 
明治をつくった人びと

明治をつくった人びと

近代国家建設を担った人々の姿がよみがえる

著者:刑部 芳則
 
白山平泉寺

白山平泉寺

白山信仰の源、栄華をきわめたその全貌!

著者:勝山市
 
 
朝廷権威の復興と京都画壇

朝廷権威の復興と京都画壇 5

京都画壇のヒエラルキーの実態に迫る!

 
中近世の生業と里湖の環境史

中近世の生業と里湖の環境史

生態系の成立と変化のプロセスを論じる

著者:佐野 静代
 
 
江戸鷹場制度の研究

江戸鷹場制度の研究

実態を制度・機能・行政の面から追究する

著者:山﨑 久登
 
列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
 
皇室制度史料 儀制 立太子 2

皇室制度史料 儀制 立太子 2

立太子儀の沿革、拝覲儀・行啓始などを収録

 
江戸の蔵書家たち

江戸の蔵書家たち

膨大な書物を蓄えた文人らの知的営為を探る

著者:岡村 敬二
 
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真