安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
白山平泉寺

泰澄による開山から一向一揆による全山焼亡まで。白山信仰や経済活動に迫り、世界の都市・城郭に匹敵する宗教都市の栄華を描く。
★好評2刷!

 
日本陸軍の対ソ謀略

日独防共協定はいかに締結されたか。諜報活動、航空路整備など陸軍の対ソ工作から再考し、全体像を解明。両国の戦略的関係に迫る。
★毎日新聞 2017.7.9 読書面で紹介されました。
 評者:加藤陽子氏(東京大学教授)

 
ふたつの憲法と日本人

明治以降の日本に存在するふたつの憲法が、これまで1度も1文字も改正されなかったのはなぜか。日本人の憲法観に迫る、必読の書。

 
江戸の親子

下級武士の日記から、成育儀礼、年中行事、遊びや手習い、病の心配と死の悲しみなどを読み解き、親子関係と子育ての実態に迫る。

 
牛車で行こう!

古記録などから、乗り降りの作法、車種の違い、動力=牛の性能など、失われた日常生活を豊富な図版とともに再現。その魅力に迫る。
★好評重版決定!

 
文明に抗した弥生の人びと

縄文の伝統をひく土偶など儀礼品や、打製石器に着目し、文明に抗う人びとを描く。大陸文明の受容だけではない弥生の実像に迫る。

 
覚醒する〈関東〉

「兵(つわもの)」誕生と勢力拡大の背景を、事件などから探る。〈関東〉としての自立に目覚め、古代社会の終焉に向かうさまを描く。
★『古代の東国』最終回配本

 
角倉素庵

近世の経済や文化の発展に多大な役割を果たした素庵。朱印船による交易や華麗な嵯峨本の刊行など、卓越した業績と清楚な生涯を辿る。

 
近代皇室イメージの創出

西欧文明との接触で変貌を遂げる伝統的天皇像。その可視化を切り口にして、近代における天皇のありようを、美術史から問い直す。
★『天皇の美術史』第4回配本

 
伊達政宗の研究(新装版)

家督相続、領国の構造、奥羽仕置との関わり、仙台築城の歴史的意義、支倉遣欧使節、政宗文書など、全体像に迫る大著。待望の復刊。
★好評2刷決定

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
RSS

新刊情報

ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
江戸の親子

江戸の親子

近世の親子関係と子育ての実態に迫る

著者:太田 素子
 
 
キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
牛車で行こう!

牛車で行こう!

牛車から読み解く平安貴族社会と都市文化

著者:京樂 真帆子
 
 
文明に抗した弥生の人びと

文明に抗した弥生の人びと 449

大陸の新文明をどのように改変していったか

著者:寺前 直人
 
古文書研究 83

古文書研究 83

内容豊富な古文書研究唯一の雑誌

著者:日本古文書学会 編集
 
 
浅草寺日記 37

浅草寺日記 37 37

江戸時代を知るための貴重な文献。

 
近世史研究遺文

近世史研究遺文

六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成

 
 
覚醒する〈関東〉

覚醒する〈関東〉 3

東国から見つめ直す古代社会の変容と終焉

著者:荒井 秀規
 
角倉素庵

角倉素庵

近世経済や文化の発展に足跡を残した生涯

著者:林屋 辰三郎
 
 
近代皇室イメージの創出

近代皇室イメージの創出 6

近代における天皇のありようを問い直す

 
沖縄の戦争遺跡

沖縄の戦争遺跡

数千件から厳選し写真と解説で実態に迫る

著者:吉浜 忍
 
 
伊達政宗の研究(新装版)

伊達政宗の研究(新装版)

政宗の全貌に鋭く迫る大著。待望の復刊

著者:小林 清治
 
日本考古学年報 68

日本考古学年報 68

我が国の考古学的動向を知る唯一の書

著者:日本考古学協会 編集
 
 
日本考古学 43号

日本考古学 43号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
戦国史研究 73

戦国史研究 73

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
 
柿本人麻呂

柿本人麻呂 288

『万葉集』を手がかりに謎多き生涯に迫る

著者:多田 一臣
 
〈ものまね〉の歴史

〈ものまね〉の歴史 448

日本の芸能の底流を発見!展開の歴史を描く

著者:石井 公成
 
 
表象としての皇族

表象としての皇族

時代にあわせ姿を変える皇族表象の文化史

著者:茂木 謙之介
 
「うつわ」を食らう

「うつわ」を食らう

食器の歴史を追い食文化の形成をたどる

著者:神崎 宣武
 
 
乱世の王権と美術戦略

乱世の王権と美術戦略 3

天皇と天下人、和と漢。相克という美の磁力

著者:髙岸 輝
黒田 智
 
交通史研究 90

交通史研究 90

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会 編集
 
 
デジタル技術でせまる人物埴輪

デジタル技術でせまる人物埴輪

大迫力のデジタル画像で古代人の姿が蘇る

著者:城倉 正祥
 
天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447

天皇との関係から古代国家の姿を描く!

著者:十川 陽一
 
 
鎌倉遺文研究 39

鎌倉遺文研究 39

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
日本古代の氏族と系譜伝承

日本古代の氏族と系譜伝承

『円珍俗姓系図』などから実態と諸相に迫る

著者:鈴木 正信
 
 
古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
現代語訳 小右記 4

現代語訳 小右記 4

一条天皇崩御。実資と道長に新時代が訪れる

著者:倉本 一宏
 
 
明治をつくった人びと

明治をつくった人びと

近代国家建設を担った人々の姿がよみがえる

著者:刑部 芳則
 
白山平泉寺

白山平泉寺

白山信仰の源、栄華をきわめたその全貌!

著者:勝山市
 
 
朝廷権威の復興と京都画壇

朝廷権威の復興と京都画壇 5

京都画壇のヒエラルキーの実態に迫る!

 
中近世の生業と里湖の環境史

中近世の生業と里湖の環境史

生態系の成立と変化のプロセスを論じる

著者:佐野 静代
 
 
江戸鷹場制度の研究

江戸鷹場制度の研究

実態を制度・機能・行政の面から追究する

著者:山﨑 久登
 
列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
 
皇室制度史料 儀制 立太子 2

皇室制度史料 儀制 立太子 2

立太子儀の沿革、拝覲儀・行啓始などを収録

 
江戸の蔵書家たち

江戸の蔵書家たち

膨大な書物を蓄えた文人らの知的営為を探る

著者:岡村 敬二
 
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
対馬宗氏の中世史

対馬宗氏の中世史

対馬を治めた宗氏と領国経営の実態に迫る!

著者:荒木 和憲
 
 
日産の創業者 鮎川義介

日産の創業者 鮎川義介

大正昭和の技術者、実業家。その活動と事跡

著者:宇田川 勝
 
戦国期風俗図の文化史

戦国期風俗図の文化史

多様な観点から考察し、作品の実態を解明

著者:井戸 美里
 
 
縄文時代

縄文時代

ここまでわかった縄文時代。研究の最前線!

 
モノと技術の古代史 金属編

モノと技術の古代史 金属編

金属器文化はどのように発展したのか。

著者:村上 恭通
 
 
〈総合資料学〉の挑戦

〈総合資料学〉の挑戦

歴博発、日本史研究の概要と実践例を紹介!

 
古代飛鳥の都市構造

古代飛鳥の都市構造

最新の発掘成果から王都の成立過程を追究

著者:相原 嘉之
 
 
朝河貫一と日欧中世史研究

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河の先駆性と史学史上の意義を再評価する

 
日本史年表・地図 (2017年版)

日本史年表・地図 (2017年版)

2016年の記事を追加して新年度版を刊行

著者:児玉 幸多
 
 
世界史年表・地図 (2017年版)

世界史年表・地図 (2017年版)

2016年の記事を追加して新年度版を刊行

 
日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
 
悪党召し捕りの中世

悪党召し捕りの中世

治安維持は義務か利権か。悪党の実像に迫る

著者:西田 友広
 
古建築を復元する

古建築を復元する 444

知られざる復元の裏側をのぞき、魅力に迫る

著者:海野 聡
 
 
鯨を生きる

鯨を生きる 445

“鯨人”が語りかける捕鯨と鯨食の同時代史

著者:赤嶺 淳
 
蘇我氏と飛鳥

蘇我氏と飛鳥

従来の蘇我氏像を書きかえ王権の聖地に迫る

著者:遠山 美都男
 
 
本居宣長

本居宣長

国学の巨人の思想と生涯を描き出す。

著者:芳賀 登
 
戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
 
日朝関係史

日朝関係史

広域史の視点で双方の関係を見つめ直す!

著者:関 周一
 
治天のまなざし、王朝美の再構築

治天のまなざし、王朝美の再構築 2

天皇・院・武士…。交錯する“視線”と美術

 
 
坂東の成立

坂東の成立 2

従属か、自立か―。王権との関係性を描く

著者:川尻 秋生
 
事典 観桜会・観菊会全史

事典 観桜会・観菊会全史

欧化政策と伝統行事が融合した歴史と世界!

著者:川上 寿代
 
 
豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3

九州を平定し刀狩などを行うまでの817点

著者:名古屋市博物館
 
植民地期朝鮮の地域変容

植民地期朝鮮の地域変容

朝鮮社会の主体性や独自性に迫った意欲作

著者:加藤 圭木
 
 
天皇の音楽史

天皇の音楽史 442

帝王学としての楽器演奏の実態に迫る!

著者:豊永 聡美
 
軍用機の誕生

軍用機の誕生 443

世界最高水準の日本軍用機。その誕生の記録

著者:水沢 光
 
 
朝倉氏と戦国村一乗谷

朝倉氏と戦国村一乗谷

発掘・復元された史跡一乗谷のあるじの盛衰

著者:松原 信之
 
イルカと日本人

イルカと日本人

現地調査と資料を駆使して体系的に分析する

著者:中村 羊一郎
 
 
明治期のイタリア留学

明治期のイタリア留学

命を懸けておのれの道を模索した若者たち!

著者:石井 元章
 
石田三成伝

石田三成伝

一次史料から明らかとなった人間三成の実像

著者:中野 等
 
 
国際化時代「大正日本」

国際化時代「大正日本」 4

〈国際化〉は日本に何をもたらしたのか?

著者:櫻井 良樹
 
前方後円墳と東国社会

前方後円墳と東国社会 1

豊穣と繁栄の東国古墳社会の実像を探る!

著者:若狭 徹
 
 
西南戦争の考古学的研究

西南戦争の考古学的研究

両軍の兵力・装備など初めて考古学的に探究

著者:高橋 信武
 
古文書研究 82

古文書研究 82

内容豊富な古文書研究唯一の雑誌

著者:日本古文書学会 編集
 
 
八代目市川團十郎

八代目市川團十郎

江戸っ子を魅了するも早世した波瀾の生涯!

著者:木村 涼
 
戦間期の日本海軍と統帥権

戦間期の日本海軍と統帥権

軍令部の構造変化などを分析し特質を究明

著者:太田 久元
 
 
よみがえる古代山城

よみがえる古代山城 440

謎の「神籠石系山城」を中心に実態を探る

著者:向井 一雄
 
江戸の乳と子ども

江戸の乳と子ども 441

〝乳〟をめぐる、いのちのネットワーク

著者:沢山 美果子
 
 
加賀藩の社会と政治

加賀藩の社会と政治

加賀百万石の領国社会と支配の実態を探究

著者:髙澤 裕一
 
看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
 
僧兵盛衰記

僧兵盛衰記

教義と兵器で武装…。“山法師”の実態!

著者:渡辺 守順
 
真田氏三代と信濃・大坂の合戦

真田氏三代と信濃・大坂の合戦

一族の足跡と徳川を苦しめた合戦に迫る!

著者:中澤 克昭
 
 
日中戦争と大陸経済建設

日中戦争と大陸経済建設

占領地の経済開発や総力戦の実態を検証

著者:白木沢 旭児
 
情報覇権と帝国日本Ⅲ

情報覇権と帝国日本Ⅲ

日朝間に視点をあてた唯一の情報通信史!

著者:有山 輝雄
 
 
紀州藩主 徳川吉宗

紀州藩主 徳川吉宗 439

若き日の将軍前史を描いた初めての書!

著者:藤本 清二郎
 
平安京はいらなかった

平安京はいらなかった 438

使いにくい平安京は、何のためにある?

著者:桃崎 有一郎
 
 
日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
古代国家仏教と在地社会

古代国家仏教と在地社会

重層的な仏教受容のあり方と特質を解明する

著者:藤本 誠
 
 
日本古代の郡司と天皇

日本古代の郡司と天皇

郡司・郡司制度などから古代国家像を検証

著者:磐下 徹
 
足利義政と東山文化

足利義政と東山文化

応仁の乱を招き、文化を育てた将軍の生涯

著者:河合 正治
 
 
日清・日露戦争と帝国日本

日清・日露戦争と帝国日本 3

帝国化の起点となった2つの戦争に迫る!

著者:飯塚 一幸
 
平安初期の王権と文化

平安初期の王権と文化

警察機構と王権関係を追究。国史編纂を照射

著者:笹山 晴生
 
 
日本仏塔の研究(全2冊)

日本仏塔の研究(全2冊)

様々な形態と役割、蔵品、材料などを解説

著者:石田 茂作