安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
馬と人の江戸時代

盛岡藩領の南部馬に注目し、武具・農具としての役割や、人馬をとりまく自然環境を読み解く。馬と人の営みから江戸社会を描く。

★読売新聞 2015.5.10読書面で紹介されました!
 評者:松木武彦氏(国立歴史民俗博物館教授)

 
武士の奉公 本音と建前

平和の続く江戸時代、戦功をあげる機会がなくなり「役人」として生きることになった武士たち。上司に取り入り出世を勝ち取る者、保身や人間関係に配慮する者など、したたかに生きようとした彼らの「働く思い」を読み解く。

★NHK総合「ひるまえ ほっと」2015.5.13
 中江有里のブックレビューで紹介されました!
★朝日新聞 2015.3.8読書面で紹介されました!
 評者:本郷和人氏(東京大学教授)

 
戦国貴族の生き残り戦略

戦国時代を、戦わずに生き抜いた公家・貴族たち。摂関家に次ぐ家格である清華(せいが)家の一つ、久(こ)我(が)家に伝わった『久我家文書』に光を当て、荘園経営など経済的側面から生き残りをかけた彼らの苦悩としたたかさを描く注目の一冊。

 
倭人への道

人類のアジアへの拡散、縄文人から弥生人への移行など、古人類学の残された謎を解明。旧石器時代から「倭人」登場への道のりを描く。

 
二宮尊徳

江戸末期の農政家。通称は金次郎。没落した自家の再興後、各地の村の復興に尽力し、幕吏にも登用される。独自の報徳思想・仕法を編み出し、「村興(おこ)し国興(おこ)し」に捧げた生涯を描き、近代に形成された「金次郎」像にも言及。

 
ハンコの文化史

私たちの生活に欠かせないハンコ(印章)。メソポタミアを発祥の地とし、西はギリシャ、東はインダス・中国、そして日本へと伝わった。各地域・時代における形態や使われ方から、ハンコと人間の関わりを探る。

 
皇族元勲と明治人のアルバム

明治から大正期に活躍した「御用写真師」。皇室・元勲ほか明治を生きた人々の肖像など143点を収め、激動の時代を振り返る。

 
近世日本の勝者と敗者

江戸時代にも、平和と文明化を推進した勝者と、それに異議申し立てを唱えた敗者との戦いの歴史があった。「徳川の平和」が達成した成果と課題、勝者から最後は敗者となった幕府の苦闘を見直し、豊かな近世像を描き出す。

★『敗者の日本史』最終回配本 全20巻完結!

 
百貨店で〈趣味〉を買う

風流道具、人形玩具…。百貨店で販売された商品を取り上げ、その背後にある〈良い趣味〉を読み解き、その活動を考える。

 
日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

古代・中世の史料は「変体漢文」という独特な文章で綴られるが、これを読解する入門書は存在しなかった。史料の品詞や語法を正確に解釈するためのはじめての手引書。豊富な文例に訓読と現代語訳を配置。演習問題も付す。

【4/3 重版できました!】

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
RSS

新刊情報

倭人への道

倭人への道 402

「倭人」の姿かたち・ルーツとは?

著者:中橋 孝博
 
戦国貴族の生き残り戦略

戦国貴族の生き残り戦略 403

エリート貴族の苦悩としたたかさを描く

著者:岡野 友彦
 
 
日本考古学年報 66

日本考古学年報 66

我が国の考古学的動向を知る唯一の書

著者:日本考古学協会
 
日本考古学 39号

日本考古学 39号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
 
二宮尊徳

二宮尊徳 281

荒廃農村の復興に尽力した“金次郎”の生涯

著者:大藤 修
 
ハンコの文化史

ハンコの文化史

世界のハンコ5000年史を辿る!

著者:新関 欽哉
 
 
唐招提寺史料 第一

唐招提寺史料 第一

律宗の総本山の貴重な史料集を限定復刊

 
皇族元勲と明治人のアルバム

皇族元勲と明治人のアルバム

143点の写真から浮かぶ明治人とその時代

著者:研谷 紀夫
 
 
神宮近世奉賽拾要 前篇

神宮近世奉賽拾要 前篇 23

神宮教学の精華を網羅・集大成!

著者:神宮司庁 蔵版
 
近世仏教の制度と情報

近世仏教の制度と情報

江戸幕府の宗教統制の通説を再検討する

著者:朴澤 直秀
 
 
近世日本の勝者と敗者

近世日本の勝者と敗者 16

「徳川の平和」に異議を唱えた“敗者”たち

著者:大石 学
 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
 
百貨店で〈趣味〉を買う

百貨店で〈趣味〉を買う

百貨店創出の「良い趣味」の大衆化を探る

著者:神野 由紀
 
黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究

黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究

戦前の日本史学界を牽引した大歴史家の実像

 
 
交通史研究 86

交通史研究 86

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会
 
江戸築城と伊豆石

江戸築城と伊豆石

伊豆石はいかに切り出され江戸へ運ばれたか

著者:江戸遺跡研究会
 
 
鎌倉遺文研究 35

鎌倉遺文研究 35

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
三浦一族の中世

三浦一族の中世 400

実像が見直されている三浦一族の興亡を描く

著者:高橋 秀樹
 
 
日本酒の近現代史

日本酒の近現代史 401

酒造500年の激動の歴史を描き出す

著者:鈴木 芳行
 
帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

日本軍は植民地に何をもたらしたのか?

著者:坂本 悠一
 
 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
古代の都市と条里

古代の都市と条里

都城や地方都市などの最新の発掘成果を解説

 
 
史料が語る 三井のあゆみ

史料が語る 三井のあゆみ

江戸の豪商にはじまる三井350年の歴史

著者:三井文庫
 
キリシタン大名

キリシタン大名

武将たちがキリスト教にかけた思いと挫折!

著者:岡田 章雄
 
 
現代語訳 吾妻鏡 15

現代語訳 吾妻鏡 15

諸国で災害・寺院抗争…。幕府は政治改革へ

 
陶磁器ワラ包装技術の文化史

陶磁器ワラ包装技術の文化史

現代に通じるデザイン性や造形的特質を解明

著者:宮木 慧子
 
 
増補新訂 足利学校の研究〈新装版〉

増補新訂 足利学校の研究〈新装版〉

不朽の名著、四十年ぶり完全復刻。追補付。

著者:川瀬 一馬
 
皇室制度史料 儀制 立太子一

皇室制度史料 儀制 立太子一

皇太子制度の概要、待遇などを収める

 
 
馬と人の江戸時代

馬と人の江戸時代 398

馬と人の営みから見える江戸社会

著者:兼平 賢治
 
帝国日本の技術者たち

帝国日本の技術者たち 399

戦中・戦後を生きた技術者たちの姿を描く!

著者:沢井 実
 
 
古都・商都の軍隊

古都・商都の軍隊 4

近畿を護る〝農村〟と〝都会〟の軍隊に迫る

著者:原田 敬一
 
近世大坂の町と人

近世大坂の町と人

経済活動、盛り場、適塾…商都の魅力に迫る

著者:脇田 修
 
 
歴史のなかの『夜明け前』

歴史のなかの『夜明け前』

幕末に躍動した国学者や、歴史的背景を描く

著者:宮地 正人
 
中世城郭の縄張と空間

中世城郭の縄張と空間

縄張研究の成果を原点から見つめなおす

著者:松岡 進
 
 
日本古代都城制と城柵の研究

日本古代都城制と城柵の研究

宮都の構造と城柵の実態に考古学から迫る

著者:阿部 義平
 
日本古代の軍事武装と系譜

日本古代の軍事武装と系譜

武装に関わる考古遺物の変遷と系譜を探る

著者:津野 仁
 
 
交通史研究 85

交通史研究 85

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会
 
戦国史研究 69

戦国史研究 69

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
 
日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

変体漢文を訓読するための初のガイドブック

 
三遊亭円朝と江戸落語

三遊亭円朝と江戸落語

奇想の噺家の事跡と創作の根源に迫る

著者:須田 努
 
 
築何年?

築何年?

古民家から寺院まで、その建築年代がわかる

 
明治・大正の広告メディア

明治・大正の広告メディア

儚くも消えていったメディアの全貌を探る

著者:熊倉 一紗
 
 
豊臣秀次

豊臣秀次 280

叔父秀吉に翻弄された悲運の生涯を描く

著者:藤田 恒春
 
近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 
平安時代の神社と神職

平安時代の神社と神職

神職の実態を探り社会に果した役割を解明

著者:加瀬 直弥
 
番茶と庶民喫茶史

番茶と庶民喫茶史

「食べるお茶」など、お茶独自の文化を探究

著者:中村 羊一郎
 
 
平城京の住宅事情

平城京の住宅事情 396

都で働く人々はどこに住んでいたのか

著者:近江 俊秀
 
平安時代の死刑

平安時代の死刑 397

1000年の時を超え現代の死刑制度を問う

著者:戸川 点
 
 
藤原鎌足と阿武山古墳

藤原鎌足と阿武山古墳

貴重なX線写真から浮かぶ被葬者とその時代

 
日米安保と事前協議制度

日米安保と事前協議制度

制度の全体像に迫り、日米安保の側面を暴く

著者:豊田 祐基子
 
 
日本史年表・地図(2015年版)

日本史年表・地図(2015年版)

2014年の記事を追加して新年度版を刊行

著者:児玉 幸多
 
世界史年表・地図(2015年版)

世界史年表・地図(2015年版)

2014年の記事を追加して新年度版を刊行

 
 
蒲生氏郷

蒲生氏郷

文武両道に秀でた器量人の生涯に迫る

著者:今村 義孝
 
北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北の護りの役割と実態を描き出す

著者:山本 和重
 
 
律令制と正倉院の研究

律令制と正倉院の研究

公文書制度や駅伝制、正倉院の諸課題を考察

著者:柳 雄太郎
 
豊臣秀吉文書集 1

豊臣秀吉文書集 1

約7000通を集大成した文書集第1巻

著者:名古屋市博物館
 
 
社会とつながる美術史学

社会とつながる美術史学

社会にとって美術の持つ意味とは何か?

著者:太田 智己
 
宮本武蔵

宮本武蔵 279

二天一流を開いた兵法家の新たな実像を描く

著者:大倉 隆二
 
 
譜代大名の創出と幕藩体制

譜代大名の創出と幕藩体制

創出過程や家臣団組織などを丹念に分析する

著者:小宮山 敏和
 
日本古代の地域と社会統合

日本古代の地域と社会統合

和泉北部を中心に、古代国家形成史を考察

著者:溝口 優樹
 
 
空海伝の研究

空海伝の研究

後半生の諸問題を解明し、空海伝を見直す

著者:武内 孝善
 
日本近世の領国地域社会

日本近世の領国地域社会

200年以上の展開過程を追究する

 
 
東国から読み解く古墳時代

東国から読み解く古墳時代 394

上毛野地域を軸に時代の様相をリアルに再現

著者:若狭 徹
 
中国古代の貨幣

中国古代の貨幣 395

貨幣とは何か?秦漢帝国「貨幣統一」への道

著者:柿沼 陽平
 
 
白隠

白隠

生涯と研鑽の過程を辿り、書画の魅力に迫る

著者:古田 紹欽
 
沖縄返還と通貨パニック

沖縄返還と通貨パニック

通貨交換の狭間で翻弄され辛酸を舐めた沖縄

著者:川平 成雄
 
 
日中間海底ケーブルの戦後史

日中間海底ケーブルの戦後史

国交正常化後初の日中共同プロジェクト

著者:貴志 俊彦
 
軍都としての帝都

軍都としての帝都 2

絶えず軍事化する近代日本最大の軍都の実態

著者:荒川 章二
 
 
描かれた倭寇

描かれた倭寇

日中両国に残る二つの倭寇図巻の謎を追う

 
享徳の乱と太田道灌

享徳の乱と太田道灌 8

文武の名将の活躍と悲劇を描く!

著者:山田 邦明
 
 
日本考古学百景

日本考古学百景

約1500点の貴重な絵葉書で見つめ直す

著者:平田 健
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
 
交通史研究 84

交通史研究 84

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会
 
親鸞と歎異抄

親鸞と歎異抄 392

今なお人びとの心を惹き付ける思想に迫る

著者:今井 雅晴
 
 
武士の奉公 本音と建前

武士の奉公 本音と建前 393

泰平の世をしたたかに生きた〝武士たち〟

著者:高野 信治
 
古文書研究 78

古文書研究 78

内容豊富な古文書研究唯一の雑誌

著者:日本古文書学会 編集
 
 
自衛隊史論

自衛隊史論

創設60年の歴史を辿り、軍事の役割を問う

著者:佐道 明広
 
大陸・南方膨張の拠点

大陸・南方膨張の拠点 6

軍隊配備された都市の変容や地域関係を分析

著者:林 博史
 
 
中世の唐物と伝来技術

中世の唐物と伝来技術

東アジア海域のモノと技術の交流を描く

著者:関 周一
 
太平記の世界

太平記の世界

光と闇を生き抜き、戦い続けた人々を描く

著者:佐藤 和彦
 
 
江戸の開府と土木技術

江戸の開府と土木技術

考古学の視点で都市の構造とその技術に迫る

著者:江戸遺跡研究会
 
歴史の旅 中世の高野山を歩く

歴史の旅 中世の高野山を歩く

幻想的な世界遺産・高野山の歴史を旅する

著者:山陰 加春夫
 
 
契約と紛争の比較史料学

契約と紛争の比較史料学

契約文書や公文書の機能等を追究した論文集

 
古代の女性官僚

古代の女性官僚 390

古代キャリアウーマンのライフコースを辿る

著者:伊集院 葉子
 
 
墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
 
曽我物語の史的研究

曽我物語の史的研究

文学的意図や価値、虚構と史実を解き明かす

著者:坂井 孝一
 
列島中央の軍事拠点

列島中央の軍事拠点 3

多様な施設の配置が特徴の中部地方の実態

著者:河西 英通
 
 
三くだり半と縁切寺

三くだり半と縁切寺

したたかに生きた江戸の女性たちを描き出す

著者:高木 侃
 
内大臣の研究

内大臣の研究

「常侍輔弼」はいかなる変遷を遂げたのか

著者:松田 好史
 
 
明治絵画と理想主義

明治絵画と理想主義

「理想」とは何か?美学的背景から考察する

著者:植田 彩芳子
 
日本文学史

日本文学史

メディア・戦争・環境など、テーマで論じる

著者:小峯 和明
 
 
古事記と太安万侶

古事記と太安万侶

1300年の時空を超え甦る偉業と記紀神話

著者:和田 萃
 
中近世の蝦夷地と北方交易

中近世の蝦夷地と北方交易

アイヌと和人に光を当て「蝦夷地史」を提唱

著者:関根 達人
 
 
歴史手帳2015年版

歴史手帳2015年版

伝統を兼ね備え60年ぶり全面リニューアル

 
名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
 
鎌倉遺文研究 34

鎌倉遺文研究 34

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
江戸時代の医師修業

江戸時代の医師修業 389

医師に必要な学問をどのように獲得したのか

著者:海原 亮
 
 
西の軍隊と軍港都市

西の軍隊と軍港都市 5

近代における軍事の要であった「西」を探る

著者:坂根 嘉弘
 
韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 
マンチュリア史研究

マンチュリア史研究

600年の変容を周辺諸国との関連から描く

著者:塚瀬 進
 
安芸毛利一族

安芸毛利一族

鎌倉期~関ヶ原合戦までの一族の歴史を辿る

著者:河合 正治
 
 
日本考古学 38号

日本考古学 38号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
〈報道写真〉と戦争

〈報道写真〉と戦争

報道写真家たちの実像と戦争責任を追及する

著者:白山 眞理
 
 
古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
老舗の伝統と〈近代〉

老舗の伝統と〈近代〉

経営実践を追究し、伝統をめぐる現在に迫る

著者:塚原 伸治
 
 
豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描く

著者:中村 順昭
 
 
古代日本の勝者と敗者

古代日本の勝者と敗者 4

有力氏族=大伴氏は、「負け続けた」のか?

著者:荒木 敏夫
 
紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

京都に探る『源氏物語』の舞台を描く

著者:倉本 一宏
 
 
姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者:荻野 三七彦
 
戦国史研究 68

戦国史研究 68

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
 
二宮叢典 後篇

二宮叢典 後篇 22

神宮教学の精華を網羅・集大成!

著者:神宮司庁 蔵版