安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
江戸時代の医師修業

医師免許がなかった江戸時代。必要な「学問」をどう習得したか。当時の医界を支えた「学統」など、就学プロセスを素材に実態を描く。

★毎日・日本経済・朝日の各新聞で書評されました!

★好評重版出来!
 

 
地方官人たちの古代史

村の生活を指示した木簡や、墾田開発・庄園経営などを伝える古文書から、古代の〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描き出す。

★読売新聞 2014.12.14 読書面で紹介されました!
 評者:上野 誠氏(奈良大学教授)

 
大陸・南方膨張の拠点

近代日本が行なった一連の戦争・海外派兵に、朝鮮・中国や東南アジア・太平洋各地とを結ぶ重要地域であった九州・沖縄・奄美地方。軍隊を配備された都市の変容や地域との関係を分析。戦後沖縄と米軍基地にも言及する。

★地域のなかの軍隊シリーズ 第3回配本

 
自衛隊史論

憲法九条が不保持と定めた「戦力」ではない組織として誕生した自衛隊。激変する国際社会に日本の防衛政策はどのように対応し、自衛隊はいかに変貌を遂げてきたのか。創設60年の歴史を辿り、軍事が果たす役割を問う。

 
太平記の世界

天皇・貴族・武士から庶民まで、すべての人々が動乱に巻き込まれた南北朝時代。後醍醐天皇・足利尊氏・楠木正成・夢窓疎石・佐々木道誉・足利義満ら、主役を演じた人物の行動と生き様から、新しい歴史の動きを描き出す。

 
歴史の旅 中世の高野山を歩く

真言密教の道場、入定信仰の霊場として、約1200年に及ぶ崇敬を集める世界遺産・高野山。空海開創以来の信仰と文化を、中世を中心に豊富な写真と地図を交え辿り、魅力に迫る。〝現世(このよ)の中の来世(あのよ)(異空間)〟へ誘う。

 
古代の女性官僚

日本古代の宮廷で活躍した女官=女性官僚とは、いかなる人びとだったのか。出仕のルートや日常業務、出世や俸給、結婚や引退、死に至るまでのライフコースを辿り、天皇の政務と日常生活を支えた女性の生き方を描く。

 
墓と葬送のゆくえ

近年、「埋葬」されない死者が増えている。祖先祭祀などの伝統的思想が変質しようとしている。このような変化はいかに生じてきたのか。人々の意識や家族関係の変化などから読み解き、「埋葬」されることの意味を問う。

 
歴史手帳2015年版

スケジュール帳と歴史百科がコンパクトな一冊にまとまり毎年好評。新しさの中に長年の蓄積をふんだんに盛り込み、60年ぶり全面リニューアル。

★リニューアル記念プレゼント実施中!

★好評重版出来!

 
〈報道写真〉と戦争

日本の報道写真〈ルポルタージュ・フォト〉はどのように生まれ、戦争と関わったのか。名取洋之助・木村伊兵衛・土門拳や知られざる報道写真家たちの実像を、プロパガンダ工作、原爆をめぐる戦後の活動から読み解く。

★読売・日経・産経・東京(中日)・北海道・河北新報・岩手日報など、新聞各紙で続々書評掲載!
★CAPA、アサヒカメラ、日本カメラなど写真専門誌でも紹介!

★好評重版決定!

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
RSS

新刊情報

自衛隊史論

自衛隊史論

創設60年の歴史を辿り、軍事の役割を問う

著者:佐道 明広
 
大陸・南方膨張の拠点

大陸・南方膨張の拠点 6

軍隊配備された都市の変容や地域関係を分析

著者:林 博史
 
 
中世の唐物と伝来技術

中世の唐物と伝来技術

東アジア海域のモノと技術の交流を描く

著者:関 周一
 
太平記の世界

太平記の世界

光と闇を生き抜き、戦い続けた人々を描く

著者:佐藤 和彦
 
 
江戸の開府と土木技術

江戸の開府と土木技術

考古学の視点で都市の構造とその技術に迫る

著者:江戸遺跡研究会
 
歴史の旅 中世の高野山を歩く

歴史の旅 中世の高野山を歩く

幻想的な世界遺産・高野山の歴史を旅する

著者:山陰 加春夫
 
 
契約と紛争の比較史料学

契約と紛争の比較史料学

契約文書や公文書の機能等を追究した論文集

 
古代の女性官僚

古代の女性官僚 390

古代キャリアウーマンのライフコースを辿る

著者:伊集院 葉子
 
 
墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
 
曽我物語の史的研究

曽我物語の史的研究

文学的意図や価値、虚構と史実を解き明かす

著者:坂井 孝一
 
列島中央の軍事拠点

列島中央の軍事拠点 3

多様な施設の配置が特徴の中部地方の実態

著者:河西 英通
 
 
三くだり半と縁切寺

三くだり半と縁切寺

したたかに生きた江戸の女性たちを描き出す

著者:高木 侃
 
内大臣の研究

内大臣の研究

「常侍輔弼」はいかなる変遷を遂げたのか

著者:松田 好史
 
 
明治絵画と理想主義

明治絵画と理想主義

「理想」とは何か?美学的背景から考察する

著者:植田 彩芳子
 
日本文学史

日本文学史

メディア・戦争・環境など、テーマで論じる

著者:小峯 和明
 
 
古事記と太安万侶

古事記と太安万侶

1300年の時空を超え甦る偉業と記紀神話

著者:和田 萃
 
中近世の蝦夷地と北方交易

中近世の蝦夷地と北方交易

アイヌと和人に光を当て「蝦夷地史」を提唱

著者:関根 達人
 
 
歴史手帳2015年版

歴史手帳2015年版

伝統を兼ね備え60年ぶり全面リニューアル

 
名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
 
鎌倉遺文研究 34

鎌倉遺文研究 34

鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載

著者:鎌倉遺文研究会
 
江戸時代の医師修業

江戸時代の医師修業 389

医師に必要な学問をどのように獲得したのか

著者:海原 亮
 
 
西の軍隊と軍港都市

西の軍隊と軍港都市 5

近代における軍事の要であった「西」を探る

著者:坂根 嘉弘
 
韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 
マンチュリア史研究

マンチュリア史研究

600年の変容を周辺諸国との関連から描く

著者:塚瀬 進
 
安芸毛利一族

安芸毛利一族

鎌倉期~関ヶ原合戦までの一族の歴史を辿る

著者:河合 正治
 
 
日本考古学 38号

日本考古学 38号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
〈報道写真〉と戦争

〈報道写真〉と戦争

報道写真家たちの実像と戦争責任を追及する

著者:白山 眞理
 
 
古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
老舗の伝統と〈近代〉

老舗の伝統と〈近代〉

経営実践を追究し、伝統をめぐる現在に迫る

著者:塚原 伸治
 
 
豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描く

著者:中村 順昭
 
 
古代日本の勝者と敗者

古代日本の勝者と敗者 4

有力氏族=大伴氏は、「負け続けた」のか?

著者:荒木 敏夫
 
紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

京都に探る『源氏物語』の舞台を描く

著者:倉本 一宏
 
 
姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者:荻野 三七彦
 
戦国史研究 68

戦国史研究 68

戦国史研究の深化を目的にした機関誌

著者:戦国史研究会 編集
 
 
首相になれなかった男たち

首相になれなかった男たち

不運の物語から見えてくる総理大臣の条件

著者:村瀬 信一
 
ここだけは見ておきたい 東京の近代建築Ⅱ

ここだけは見ておきたい 東京の近代建築Ⅱ

建築の魅力を紹介するまち歩きガイド第2弾

著者:小林 一郎
 
 
熊谷直実

熊谷直実 384

僧となった東国武士。苦悩と行動の真意とは

著者:高橋 修
 
京都に残った公家たち

京都に残った公家たち 385

公家文化の伝統を残そうと奔走した姿を描く

著者:刑部 芳則
 
 
松尾芭蕉と奥の細道

松尾芭蕉と奥の細道

進化と深化を追い続けた「旅の詩人」の生涯

著者:佐藤 勝明
 
島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
 
大地震

大地震

最新の研究成果から検証。将来へ備える。

著者:宇佐美 龍夫
 
交通史研究 83

交通史研究 83

交通運輸・通信等の歴史的展開の過程を究明

著者:交通史学会
 
 
二宮叢典 後篇

二宮叢典 後篇 22

神宮教学の精華を網羅・集大成!

著者:神宮司庁 蔵版
 
浅草寺日記 34

浅草寺日記 34

江戸時代を知るための貴重な文献。

 
 
消されたマッカーサーの戦い

消されたマッカーサーの戦い

なぜマッカーサーレポートはつくられたのか

著者:田中 宏巳
 
工芸とナショナリズムの近代

工芸とナショナリズムの近代

なぜ〈工芸〉は生まれたのか?

著者:木田 拓也
 
 
検証 長篠合戦

検証 長篠合戦 382

今一度、史料と向き合い徹底的に検証する

著者:平山 優
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
 
靖国神社と幕末維新の祭神たち

靖国神社と幕末維新の祭神たち

祭神となった幕末志士たちの物語

著者:吉原 康和
 
二・二六事件と青年将校

二・二六事件と青年将校 19

彼らの“昭和維新”はなぜ失敗したのか

著者:筒井 清忠
 
 
戦争に隠された「震度7」

戦争に隠された「震度7」

地元新聞社の役割と、被災者の体験談を紹介

著者:木村 玲欧
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 
難波宮と都城制

難波宮と都城制

発掘開始から60年の難波宮研究を集大成

 
近世都市の労働社会

近世都市の労働社会

身分的周縁から技能労働などの実態を分析

著者:森下 徹
 
 
大佛勧進ものがたり

大佛勧進ものがたり

東大寺大仏の創建~江戸期修復の苦難の歴史

著者:平岡 定海
 
ここだけは見ておきたい東京の近代建築Ⅰ

ここだけは見ておきたい東京の近代建築Ⅰ

建築観察の達人がすぐれた建築の魅力を紹介

著者:小林 一郎
 
 
近世匁銭の研究

近世匁銭の研究

鎖国下の経済と東アジア経済圏の連動を解明

著者:藤本 隆士
 
源頼朝文書の研究 研究編

源頼朝文書の研究 研究編

約400通の文書を究明した待望論集

著者:黒川 高明
 
 
近世日本の支配構造と藩地域

近世日本の支配構造と藩地域

大庄屋制の特質を追い、藩地域論を構想する

著者:野尻 泰弘
 
日本史を学ぶための〈古代の暦〉入門

日本史を学ぶための〈古代の暦〉入門

古代の暦の知識が身につくとっておき入門書

著者:細井 浩志
 
 
古文書研究 77

古文書研究 77

内容豊富な古文書研究唯一の雑誌

著者:日本古文書学会
 
「自由の国」の報道統制

「自由の国」の報道統制 381

〝戦争″と〝言論・報道の自由″を考える

著者:水野 剛也
 
 
老人と子供の考古学

老人と子供の考古学 380

墓から読み解く縄文人のライフヒストリー

著者:山田 康弘
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
高杉晋作と長州

高杉晋作と長州

奇兵隊の軌跡を辿り晋作の波瀾の生涯を描く

著者:一坂 太郎
 
戦国武将と茶の湯

戦国武将と茶の湯

文化の牽引者として生き抜いた一側面に迫る

著者:米原 正義
 
 
中世史料との対話

中世史料との対話

緻密な解析と斬新な読みで社会と人物を描く

著者:村井 章介
 
津波災害と近代日本

津波災害と近代日本

近代日本を襲った津波災害から何を学ぶのか

著者:北原 糸子
 
 
奄美諸島編年史料 古琉球期編上

奄美諸島編年史料 古琉球期編上

膨大な史料をもとに奄美諸島の歴史を解明

著者:石上 英一
 
明治の青年とナショナリズム

明治の青年とナショナリズム

欧化主義の風潮に対抗した彼らの思想と行動

著者:中野目 徹
 
 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
南朝の真実

南朝の真実 378

楠木正成・足利尊氏…。忠臣はいたのか?

著者:亀田 俊和
 
 
長宗我部元親と四国

長宗我部元親と四国

千変万化する四国の覇者、元親の実像に迫る

著者:津野 倫明
 
悪党

悪党

中世に躍動したアウトローたちの実態を描く

著者:小泉 宜右
 
 
日本考古学年報 65

日本考古学年報 65

我が国の考古学的動向を知る唯一の書

著者:日本考古学協会
 
日本考古学 37号

日本考古学 37号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集