安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 加藤 圭木

加藤 圭木

名前 加藤 圭木
カナ カトウ ケイキ
 

プロフィール

1983年 埼玉県。2014年 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。現在 一橋大学大学院社会学研究科専任講師。 ※2017年2月現在
【主要編著書】『隣国の肖像』大月書店、2016年(共著)、「朝鮮植民地支配と公害」(『史海』第61号、2014年)、「日露戦争下における朝鮮東北部の「軍政」」(『一橋社会科学』第8巻、2016年)

このページのトップへ

著作一覧

植民地期朝鮮の地域変容

植民地期朝鮮の地域変容

朝鮮社会の主体性や独自性に迫った意欲作

著者:加藤 圭木
 
 

このページのトップへ