安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 山﨑 久登

山﨑 久登

名前 山﨑 久登
カナ ヤマザキ ヒサト
 

プロフィール

1977年、東京都生まれ。2007年成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程後期単位取得退学。徳川林政史研究所非常勤研究生、成城大学民俗学研究所研究生等を経て、現在、東京都立新島高等学校教諭。 ※2017年3月現在
【主要編著書】「江戸周辺鷹場と御場肝煎制―化政期を中心に―」(『地方史研究』63巻6号、2013年)、「御場肝煎制と江戸の町」(『史潮』新76号、2014年)、「江戸周辺の地域編成と御三卿鷹場」(『日本歴史』807号、2015年)

このページのトップへ

著作一覧

江戸鷹場制度の研究

江戸鷹場制度の研究

実態を制度・機能・行政の面から追究する

著者:山﨑 久登
 
 

このページのトップへ