安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 村井 章介

村井 章介

名前 村井 章介
カナ ムライ ショウスケ
 

プロフィール

1949年、大阪市に生まれる。1974年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、立正大学教授、文学博士。 ※2014年5月現在
【主な編著書】中世の国家と在地社会(校倉書房、2005年)、日本中世境界史論(岩波書店、2013年)、日本中世の異文化接触(東京大学出版会、2013年)、中世史研究の旅路(校倉書房、2014年)

このページのトップへ

著作一覧

中世史料との対話

中世史料との対話

緻密な解析と斬新な読みで社会と人物を描く

著者:村井 章介
 
地球的世界の成立

地球的世界の成立 5

独自の小帝国を形成する16~17世紀日本

 
 
律令国家と東アジア

律令国家と東アジア 2

隋唐帝国の登場で再編した激動の世界を描く

 
通交・通商圏の拡大

通交・通商圏の拡大 3

10~12世紀、正式な国交なき対外関係

 
 
近世的世界の成熟

近世的世界の成熟 6

「開港」前夜の日本の実情と可能性を描く

 
倭寇と「日本国王」

倭寇と「日本国王」 4

900年続いた伝統的外交を放棄した内実!

 
 
近代化する日本

近代化する日本 7

「開港」後の日本と世界のかかわりを描く

 
東アジア世界の成立

東アジア世界の成立 1

日常的往来~政治的交渉まで、世界との交流

 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
 

このページのトップへ