安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤田 覚

藤田 覚

名前 藤田 覚
カナ フジタ サトル
 

プロフィール

1946年、長野県に生まれる。1969年、千葉大学文理学部卒業。2012年、東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学名誉教授、文学博士 ※2016年10月現在
【主要編著書】『幕藩制国家の政治史的研究』(校倉書房、1987年)、『近世政治史と天皇』(吉川弘文館、1999年)、『近世後期政治史と対外関係』(東京大学出版会、2005年)、『日本近世史5 幕末から維新へ』(岩波書店、2015年)

このページのトップへ

著作一覧

幕藩制国家の政治構造

幕藩制国家の政治構造

朝廷・藩との関係、社会の諸相などに迫る

著者:藤田 覚
 
田沼時代

田沼時代 4

新たな文化が開花した時代の光と影を描く

著者:藤田 覚
 
 
江戸
 
天保の改革

天保の改革 38

幕府天保改革の正確な理解をめざす好著

著者:藤田 覚
 
 
概論 日本歴史

概論 日本歴史

21世紀の社会を見通した本格的な日本通史

 
近代の胎動

近代の胎動 17

近世社会の落日に近代への胎動を発見

著者:藤田 覚
 
 

このページのトップへ