安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 服部 敏良

服部 敏良

名前 服部 敏良
カナ ハットリ トシロウ
 

プロフィール

1906年、岐阜県に生まれる。 1932年、名古屋医科大学卒業。 元山下病院長、医学博士、文学博士。1992年、没。
【主な編著書】『奈良時代医学史の研究』 『平安時代医学史の研究』 『鎌倉時代医学史の研究』 『室町・安土桃山時代医学史の研究』 『江戸時代医学史の研究』 『近代諸家の死因』『王朝貴族の病状診断』

このページのトップへ

著作一覧

事典 有名人の死亡診断 近代編

事典 有名人の死亡診断 近代編

医学史の権威が、173人の「死」を検証

著者:服部 敏良
 
 
王朝貴族の病状診断

王朝貴族の病状診断

天皇・公卿の病状を的確に診断

著者:服部 敏良
 
 
江戸時代医学史の研究

江戸時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
奈良時代医学史の研究

奈良時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 
平安時代医学史の研究

平安時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
鎌倉時代医学史の研究

鎌倉時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 
室町安土桃山時代医学史の研究

室町安土桃山時代医学史の研究

斯学の権威による畢生の大著。

著者:服部 敏良
 
 

このページのトップへ