安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 脇田 晴子

脇田 晴子

名前 脇田 晴子
カナ ワキタ ハルコ
 

プロフィール

1934年、西宮市に生まれる。1963年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得。2010年、文化勲章受賞。現在 滋賀県立大学名誉教授。文学博士(京都大学) ※2016年7月現在
【主要編著書】『日本中世都市論』(東京大学出版会、1981年)、『日本中世女性史の研究』(東京大学出版会、1992年)、『天皇と中世文化』(吉川弘文館、2003年)、『能楽のなかの女たち』(岩波書店、2010年)

このページのトップへ

著作一覧

中世京都と祇園祭

中世京都と祇園祭

最大の「都市の祭」と支えた町衆たちを描く

著者:脇田 晴子
 
日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
 
天皇と中世文化

天皇と中世文化

なぜ天皇は全国統一のシンボルとなり得たか

著者:脇田 晴子
 
アイデンティティ・周縁・媒介

アイデンティティ・周縁・媒介

日仏両国の研究成果を公刊する。

 
 

このページのトップへ