安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 新谷 尚紀

新谷 尚紀

名前 新谷 尚紀
カナ シンタニ タカノリ
 

プロフィール

1948年広島県生まれ。1977年早稲田大学院文学研究科博士後期過程単位取得。国立歴史民俗博物館教授、総合研究大学院大学教授などを歴任。現在、國學院大学教授。社会学博士(慶應義塾大学)。 ※2015年5月現在
【主な編著書】『両墓制と他界観』『生と死の民俗史』『ケガレからカミへ』『両墓制と他界観』『日本人の葬儀』『神々の原像』『柳田民俗学の継承と発展』『日本人の縁起かつぎと厄払い』『お葬式』『民俗学とは何か』

このページのトップへ

著作一覧

神々の原像

神々の原像 92

民俗学から神々の原像を探る。

著者:新谷 尚紀
 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
 
ユネスコ無形文化遺産 壬生の花田植

ユネスコ無形文化遺産 壬生の花田植

豊穣を田の神に祈る行事の起源と変遷に迫る

 
民俗小事典 食

民俗小事典 食

「食べること」に関する約450項目を解説

 
 
民俗学とは何か

民俗学とは何か

「もう一つの歴史学」としての可能性を探る

著者:新谷 尚紀
 
両墓制と他界観

両墓制と他界観

日本人の深層に潜む霊魂観、他界観を探究

著者:新谷 尚紀
 
 
暮らしの中の民俗学 1

暮らしの中の民俗学 1

一日をテーマに日本人の暮らしを見つめ直す

 
暮らしの中の民俗学 2

暮らしの中の民俗学 2

一年をテーマに日本人の暮らしを見つめ直す

 
 
暮らしの中の民俗学 3

暮らしの中の民俗学 3

一生をテーマに日本人の暮らしを見つめ直す

 
民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は「死」をどう迎えてきたか

 
 
都市の暮らしの民俗学 1

都市の暮らしの民俗学 1

都市と地方の関係は、どう変化してきたのか

 
都市の暮らしの民俗学 2

都市の暮らしの民俗学 2

人びとは何を求めて街へ出るのか

 
 
都市の暮らしの民俗学 3

都市の暮らしの民俗学 3

都市に生きる人びとの生活と一生を探る

 
柳田民俗学の継承と発展

柳田民俗学の継承と発展

民俗学の方法論など多様な視点から総括

著者:新谷 尚紀
 
 
お葬式

お葬式

習俗、弔い方、死生観など、死の歴史を再考

著者:新谷 尚紀
 
排除する社会・受容する社会

排除する社会・受容する社会

いま何が「ケガレ」か。

 
 
神々の原像

神々の原像 92

民俗学から神々の原像を探る。

著者:新谷 尚紀
 
日本民俗大辞典 上

日本民俗大辞典 上

質量ともに最大・最高水準の民俗百科

 
 
日本民俗大辞典 下

日本民俗大辞典 下

質量ともに最大・最高水準の民俗百科

 
精選 日本民俗辞典

精選 日本民俗辞典

知っておきたい日本の民俗、700余を精選

 
 

このページのトップへ