安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 峰岸 純夫

峰岸 純夫

名前 峰岸 純夫
カナ ミネギシ スミオ
 

プロフィール

1932年 群馬県生まれ 1961年 慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了 現在 東京都立大学名誉教授 ※2012年12月現在
【主な編著書】『中世の東国―地域と権力』『中世東国の荘園公領と宗教』『足利尊氏と直義』

このページのトップへ

著作一覧

足利尊氏再発見

足利尊氏再発見

歴史と美術でアプローチ。尊氏研究の最前線

 
関東の名城を歩く 南関東編

関東の名城を歩く 南関東編

四都県の名城64を豊富な図版を交え解説

 
 
中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

災害と紛争・戦乱との密接な関係に迫る!

著者:峰岸 純夫
 
関東の名城を歩く 北関東編

関東の名城を歩く 北関東編

名城64を最新の発掘成果で紹介。図版多数

 
 
歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

武士たちの里を辿り、歴史のロマンに浸る!

著者:峰岸 純夫
 
 
中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

網野史学への評価と批判

著者:峰岸 純夫
 
 
足利尊氏と直義

足利尊氏と直義 272

兄弟間の対立が、新たな歴史を創った!

著者:峰岸 純夫
 
新田義貞

新田義貞 239

『太平記』に創出された凡将・愚将観を覆す

著者:峰岸 純夫
 
 
中世を考える 家族と女性

中世を考える 家族と女性

新知見を平易に解説―豊かな中世史像を描く

著者:峰岸 純夫
 
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ