安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 圭室 文雄

圭室 文雄

圭室 文雄
名前 圭室 文雄
カナ タマムロ フミオ
 

プロフィール

1935年、神奈川県に生まれる。1959年、國學院大学文学部史学科卒業。1965年、明治大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得。現在、明治大学名誉教授・大乗淑徳学園理事。 ※2012年2月現在
【主な編著書】『江戸幕府の宗教統制』(評論社、1971年)『日本仏教史 近世』(吉川弘文館、1987年)『葬式と檀家』(吉川弘文館、1999年)『總持寺祖院古文書を読み解く―近世曹洞宗の展開―』(曹洞宗宗務庁、2008年)

このページのトップへ

著作一覧

江戸時代の遊行聖

江戸時代の遊行聖 338

熱狂的に崇められたカリスマ「生き仏」の姿

著者:圭室 文雄
 
日本仏教史 近世

日本仏教史 近世

多数の写真を配し、平易に叙述した入門書

著者:圭室 文雄
 
 
政界の導者 天海・崇伝

政界の導者 天海・崇伝 15

政治を側面から動かした二人の僧の実像描く

著者:圭室 文雄
 
葬式と檀家

葬式と檀家 70

日本人と仏教のあるべき姿を展望する

著者:圭室 文雄
 
 

このページのトップへ