安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大日方 純夫

大日方 純夫

大日方 純夫
名前 大日方 純夫
カナ オビナタ スミオ
 

プロフィール

1950年、長野県に生まれる 1973年、早稲田大学第一文学部卒業 1978年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了 現在、早稲田大学文学学術院教授、博士(文学) ※2016年10月現在
【主要編著書】『自由民権運動と立憲改進党』(早稲田大学出版部、1991年) 『近代日本の警察と地域社会』(筑摩書房、2000年)『自由民権期の社会』(敬文舎、2012年)、『維新政府の密偵たち』(吉川弘文館、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
維新政府の密偵たち

維新政府の密偵たち 368

新時代の裏で暗躍したスパイたちの実像!

著者:大日方 純夫
 
 
家族史の展望

家族史の展望 2

家族史の課題と現代家族を展望する

著者:大日方 純夫
 
民族・戦争と家族

民族・戦争と家族 13

戦争と女性、国際結婚など複雑化する家族像

著者:大日方 純夫
 
 

このページのトップへ