安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 片倉 比佐子

片倉 比佐子

名前 片倉 比佐子
カナ カタクラ ヒサコ
 

プロフィール

1935年、東京都に生まれる。1959年、東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。その後、都政史料館・東京都公文書館にて『東京市史稿』市街編・産業編の編集に従事 ※2009年10月現在
【主要著書】『江戸町触集成』(編) 『日本女性史論集』(編) 『日本家族史論集』(編) 『天明の江戸打ちこわし』 『江戸の土地問題』

このページのトップへ

著作一覧

大江戸八百八町と町名主

大江戸八百八町と町名主 279

江戸の町を支え続けた町名主の奮闘する姿

著者:片倉 比佐子
 
家族観の変遷

家族観の変遷 6

女性をキーワードに、その変化を検証する

著者:片倉 比佐子
 
 
教育と扶養

教育と扶養 10

家庭教育と介護問題を歴史に学ぶ。

著者:片倉 比佐子
 
 

このページのトップへ