安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 山本 信吉

山本 信吉

名前 山本 信吉
カナ ヤマモト ノブヨシ
 

プロフィール

1932年東京都生まれ。1961年国学院大学大学院日本史学専攻博士課程単位修了。文化庁文化財保護部美術工芸課主任文化財調査官、奈良国立博物館長等を歴任。博士(文学・東京大学) 2014年2月没
【主な編著書】『摂関政治史論考』(吉川弘文館、2003年)、『古典籍が語る 書物の文化史』(八木書店、2004年)、『小野道風』(人物叢書、吉川弘文館、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

貴重典籍・聖教の研究

貴重典籍・聖教の研究

いかに伝来し、発見・調査されてきたのか

著者:山本 信吉
 
小野道風

小野道風 273

平安中期の名筆。能書の誉れ輝く三跡の代表

著者:山本 信吉
 
 
正智院文書

正智院文書 1

高野山の学問の真髄を伝える秘蔵史料

著者:山本 信吉
 
正智院聖教目録 上

正智院聖教目録 上 2

真言密教発展史を伝えた未公開の目録と解説

著者:山本 信吉
 
 
正智院聖教目録 下

正智院聖教目録 下 3

真言密教発展史を伝えた未公開の目録と解説

著者:山本 信吉
 
摂関政治史論考

摂関政治史論考

律令政治の変質過程を明らかにする

著者:山本 信吉
 
 
国史大系書目解題 下

国史大系書目解題 下

国史大系各書目の基礎的理解を深める必読書

 
 

このページのトップへ