安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 直木 孝次郎

直木 孝次郎

直木 孝次郎
名前 直木 孝次郎
カナ ナオキ コウジロウ
 

プロフィール

1919年、兵庫県に生まれる。1943年、京都帝国大学文学部国史学科卒業。大阪市立大学、岡山大学、相愛大学、甲子園短期大学教授を経て、現在、大阪市立大学名誉教授。 ※2013年5月現在
【主な編著書】『日本国家の構造』『日本古代の氏族と天皇』『万葉集と古代史』『古代河内政権の研究』『日本古代の氏族と国家』『神話と歴史』『飛鳥』『額田王』『直木孝次郎 奈良万葉を歩く』『直木孝次郎 古代を語る』

このページのトップへ

著作一覧

白鳥になった皇子 古事記

白鳥になった皇子 古事記

語り継がれる古代の英雄たちの物語!

著者:直木 孝次郎
 
直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

古代史の碩学が語る次代へのメッセージ

著者:直木 孝次郎
 
 
古代への道

古代への道 14

誰にでもわかりやすい市民の古代史の誕生!

著者:直木 孝次郎
 
奈良の都

奈良の都 13

長屋王・聖武天皇・不比等…平城京の光と影

著者:直木 孝次郎
 
 
万葉集と歌人たち

万葉集と歌人たち 12

額田王・人麻呂・憶良・家持らの真実の姿

著者:直木 孝次郎
 
難波宮の歴史と保存

難波宮の歴史と保存 11

遷都から廃止まで、文化財保存の困難も描く

著者:直木 孝次郎
 
 
神話と歴史

神話と歴史

紀元節問題や歴史教育への神話導入を探る

著者:直木 孝次郎
 
飛鳥

飛鳥

悠久の歴史の舞台万葉の古里を語る

著者:直木 孝次郎
 
 
古代の日本

古代の日本 1

ロマンに満ちたその魅力を描くシリーズ序章

著者:直木 孝次郎
 
 
神話と古事記・日本書紀

神話と古事記・日本書紀 3

八岐大蛇・天孫降臨…。物語の虚構性を解く

著者:直木 孝次郎
 
大和王権と河内王権

大和王権と河内王権 5

謎に包まれた古代国家胎動期のベールを剥ぐ

著者:直木 孝次郎
 
 
古代国家の形成

古代国家の形成 6

鉄剣・鉄刀銘から浮かぶ古代日本の姿とは?

著者:直木 孝次郎
 
古代難波とその周辺

古代難波とその周辺 10

古代の要地・難波の発展~大化改新まで描く

著者:直木 孝次郎
 
 
飛鳥の都

飛鳥の都 8

古代史の舞台=飛鳥の魅力を語る!

著者:直木 孝次郎
 
飛鳥寺と法隆寺

飛鳥寺と法隆寺 9

仏に古代の夢をはせて飛鳥斑鳩の古寺へ誘う

著者:直木 孝次郎
 
 
邪馬台国と卑弥呼

邪馬台国と卑弥呼 2

邪馬台国はどこにあったのか?

著者:直木 孝次郎
 
古代の動乱

古代の動乱 7

動乱の主役から古代国家建設の真実に迫る!

著者:直木 孝次郎
 
 
直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 秋冬

直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 秋冬

古代史研究の大家おすすめの14コース

著者:直木 孝次郎
 
直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 春夏

直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 春夏

古代のロマンあふれる14コースを道案内

著者:直木 孝次郎
 
 
伊勢神宮と古代の神々

伊勢神宮と古代の神々 4

謎の多い神宮の歴史を追究する

著者:直木 孝次郎
 
額田王

額田王 249

二人の皇子に愛された『万葉集』女流歌人伝

著者:直木 孝次郎
 
 
万葉集と古代史

万葉集と古代史 94

古代史の碩学が語る万葉人の世界

著者:直木 孝次郎
 
持統天皇

持統天皇

史実に基づく正確な一大伝記シリーズ!

著者:直木 孝次郎
 
 
古代を考える 奈良

古代を考える 奈良

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:直木 孝次郎
 
古代を考える 難波

古代を考える 難波

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:直木 孝次郎
 
 
日本古代の氏族と国家

日本古代の氏族と国家

渡来人ら氏族と国家の関係を解明

著者:直木 孝次郎
 
 

このページのトップへ