安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 田村 圓澄

田村 圓澄

名前 田村 圓澄
カナ タムラ エンチョウ
 

プロフィール

1917年 奈良県に生まれる 1941年九州帝国大学法文学部国史学科卒業 1952年 京都帝国大学大学院(旧制)修了 九州大学・熊本大学教授・九州歴史資料館館長等を経て現在九州大学名誉教授・文学博士 ※2011年1月現在
【主な編著書】『法然』(人物叢書)、『古代朝鮮仏教と日本仏教』、『法然とその時代』法蔵館、『日本仏教史』法蔵館、『半跏像の道』学生社、『仏教史散策』山喜房仏書林、『大宰府探求』、『飛鳥・白鳳仏教史』、『伊勢神宮の成立』他

このページのトップへ

著作一覧

飛鳥・白鳳仏教史

飛鳥・白鳳仏教史

国家仏教はいかに誕生したのかを追及する

著者:田村 圓澄
 
飛鳥時代 倭から日本へ

飛鳥時代 倭から日本へ

大王から天皇へ。「日本」誕生の原点を描く

著者:田村 圓澄
 
 
伊勢神宮の成立

伊勢神宮の成立

天照大神はいつ、なぜ伊勢の地に祭られたか

著者:田村 圓澄
 
東アジアのなかの日本古代史

東アジアのなかの日本古代史

古代日本を東アジア世界に位置づける

著者:田村 圓澄
 
 
法然

法然

弾圧下信念に生き抜き浄土宗を開いた高僧伝

著者:田村 圓澄
 
古代を考える 大宰府

古代を考える 大宰府

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:田村 圓澄
 
 
法華経と古代国家

法華経と古代国家

最澄がひろめた法華経の内容や性質を分析

著者:田村 圓澄
 
 

このページのトップへ