安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 三宅 和朗

三宅 和朗

三宅 和朗
名前 三宅 和朗
カナ ミヤケ カズオ
 

プロフィール

1950年、東京都に生まれる。1980年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在 慶應義塾大学名誉教授、博士(史学・慶應義塾大学) ※2016年7月現在
【主要編著書】古代国家の神祇と祭祀 古代の王権祭祀と自然 時間の古代史

このページのトップへ

著作一覧

古代の人々の心性と環境

古代の人々の心性と環境

生活空間に広がる異界と人々の関わりに迫る

著者:三宅 和朗
 
古代の暮らしと祈り

古代の暮らしと祈り 2

人々はいかに自然環境と向き合っていたのか

著者:三宅 和朗
 
 
時間の古代史

時間の古代史 305

古代の人々は一日をどのように感じていたか

著者:三宅 和朗
 
古代の神社と祭り

古代の神社と祭り 111

謎多き古代の神社と神祭りの世界に迫る

著者:三宅 和朗
 
 
記紀神話の成立

記紀神話の成立

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:三宅 和朗
 
 
古代の王権祭祀と自然

古代の王権祭祀と自然

自然現象への人々の心性から信仰世界を解明

著者:三宅 和朗
 
 

このページのトップへ