安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 荒木 敏夫

荒木 敏夫

名前 荒木 敏夫
カナ アラキ トシオ
 

プロフィール

1946年、東京都に生まれる。1969年、早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。1975年、東京都立大学人文学部大学院人文科学研究科史学専攻(博士課程)中退。現在、専修大学文学部教授 ※2014年10月現在
【主な編著書】『日本古代の皇太子』(吉川弘文館、1985年)。『可能性としての女帝―女帝と王権・国家―』(青木書店、1999年)。『古代天皇家の婚姻戦略』(吉川弘文館、2012年)。『日本古代の王権』(敬文舎、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

古代日本の勝者と敗者

古代日本の勝者と敗者 4

有力氏族=大伴氏は、「負け続けた」のか?

著者:荒木 敏夫
 
古代天皇家の婚姻戦略

古代天皇家の婚姻戦略 359

キサキの条件とは? 婚姻からみた古代王権

著者:荒木 敏夫
 
 
日本古代の皇太子

日本古代の皇太子

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:荒木 敏夫
 
日本古代王権の研究

日本古代王権の研究

王権の構造と特質を多角的に究明

著者:荒木 敏夫
 
 

このページのトップへ