安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 河内 祥輔

河内 祥輔

名前 河内 祥輔
カナ コウチ ショウスケ
 

プロフィール

1943年 北海道に生まれる 1971年 東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程中退 現在 法政大学文学部教授、北海道大学名誉教授 ※2014年10月現在
【主な編著書】『保元の乱、平治の乱』(吉川弘文館、2002年) 『中世の天皇観』(山川出版社、2003年) 『日本中世の朝廷・幕府体制』(吉川弘文館、2007年) 『天皇と中世の武家』(共著、講談社、2011年)

このページのトップへ

著作一覧

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
保元の乱・平治の乱

保元の乱・平治の乱

「武者の世」を誕生させた事件の真相に迫る

著者:河内 祥輔
 
 
古代政治史における天皇制の論理

古代政治史における天皇制の論理

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:河内 祥輔
 
日本中世の朝廷・幕府体制

日本中世の朝廷・幕府体制

「朝廷再建運動」をキーワードに実相を解明

著者:河内 祥輔
 
 

このページのトップへ