安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 狩野 久

狩野 久

名前 狩野 久
カナ カノウ ヒサシ
 

プロフィール

1933年 北海道生まれ。1963年 京都大学文学部研究科博士課程(国史学専攻)単位取得退学。岡山大学教授等を経て現在、奈良文化財研究所名誉会員 ※2010年10月現在
【主な編著書】木簡(「日本の美術」160号) 飛鳥・藤原の都(共著) 日本古代の国家と都城

このページのトップへ

著作一覧

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

鉄刀銘文・木簡などを通して実像を描き出す

著者:狩野 久
 
古代を考える 古代寺院

古代を考える 古代寺院

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:狩野 久
 
 
古代を考える 吉備

古代を考える 吉備

ヤマト王権に匹敵した地域王国の実態

 
 

このページのトップへ