安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平川 南

平川 南

名前 平川 南
カナ ヒラカワ ミナミ
 

プロフィール

1943年山梨県に生まれる。1965年山梨大学学芸学部卒業、1990年文学博士(東京大学)、2006~14年、国立歴史民俗博物館館長。現在、人間文化研究機構理事、国立歴史民俗博物館名誉教授、山梨県立博物館館長 ※2014年5月現在
【主な編著書】『漆紙文書の研究』(吉川弘文館、1989)、『墨書土器の研究』(吉川弘文館、2000)、『古代地方木簡の研究』(吉川弘文館、2003)

このページのトップへ

著作一覧

律令国郡里制の実像 上

律令国郡里制の実像 上

越後国城制論、出羽国府論等から実像に迫る

著者:平川 南
 
律令国郡里制の実像 下

律令国郡里制の実像 下

里と村、地域支配と河川等から実像に迫る

著者:平川 南
 
 
日本史と環境

日本史と環境 1

歴史から導きだす、新たな自然観・環境観

著者:平川 南
 
支配と文字

支配と文字 1

鉄剣、鏡、木簡。文字が広めた古代の権威

 
 
文字による交流

文字による交流 2

渡来人・遣唐使…。文字が支えた外交と軍事

 
流通と文字

流通と文字 3

出納帳、借金証文。文字が動かした古代経済

 
 
神仏と文字

神仏と文字 4

呪符・墓碑・経典。文字が繋いだ神仏と人間

 
文字表現の獲得

文字表現の獲得 5

古事記、万葉仮名。文字が伝えた日本の言葉

 
 
古代地方木簡の研究

古代地方木簡の研究

正倉院文書などとの関係や文書行政を考察

著者:平川 南
 
 

このページのトップへ