安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 仁藤 敦史

仁藤 敦史

名前 仁藤 敦史
カナ ニトウ アツシ
 

プロフィール

1960年、静岡県に生まれる。1989年、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程史学(日本史)専攻満期退学。現在、国立歴史民俗博物館研究部教授・総合研究大学院大学文化科学研究科教授。 ※2012年2月現在
【主な編著書】『古代王権と都城』(吉川弘文館、1998年)『古代王権と官僚制』(臨川書店、2000年)『女帝の世紀』(角川学芸出版、2006年)『卑弥呼と台与』(山川出版社、2009年)『都はなぜ移るのか』(吉川弘文館、2011年)

このページのトップへ

著作一覧

古代王権と支配構造

古代王権と支配構造

ミヤケ制・国造制など地域支配の実態に迫る

著者:仁藤 敦史
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
 
歴史と文学のあいだ

歴史と文学のあいだ 5

王権の構造などを探り古代東国の実像に迫る

 
 

このページのトップへ