安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 森 公章

森 公章

森 公章
名前 森 公章
カナ モリ キミユキ
 

プロフィール

1958年、岡山県に生まれる。1988年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東洋大学教授、博士(文学)※2016年10月現在
【主要編著書】『成尋と参天台五臺山記の研究』(吉川弘文館、2013年)『古代豪族と武士の誕生』(吉川弘文館、2013年)『平安時代の国司の赴任』(臨川書店、2016年)

このページのトップへ

著作一覧

天智天皇

天智天皇 287

中大兄皇子の名で知られる古代天皇の実像!

著者:森 公章
 
在庁官人と武士の生成

在庁官人と武士の生成

源平中心とは異なる視角で武士の成立を探究

著者:森 公章
 
 
成尋と参天台五臺山記の研究

成尋と参天台五臺山記の研究

読解に関連する論考。対外政策の行方を描く

著者:森 公章
 
古代豪族と武士の誕生

古代豪族と武士の誕生 360

古代史を貫く地方豪族と支配の実態を描く

著者:森 公章
 
 
史跡で読む日本の歴史 3

史跡で読む日本の歴史 3

古代国家のプロフィールがはじめて明らかに

著者:森 公章
 
東アジアの動乱と倭国

東アジアの動乱と倭国 1

倭国が経験した初の対外戦争と外交の軌跡

著者:森 公章
 
 
遣唐使と古代日本の対外政策

遣唐使と古代日本の対外政策

外交儀礼、留学生、唐文化移入など全容探る

著者:森 公章
 
倭国から日本へ

倭国から日本へ 3

激動の時代に律令国家はどう形成されたか

著者:森 公章
 
 

このページのトップへ