安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤木 久志

藤木 久志

名前 藤木 久志
カナ フジキ ヒサシ
 

プロフィール

1933年、新潟県生まれ。1956年、新潟大学人文学部史学科卒業。1963年 東北大学大学院文学研究科博士課程修了。立教大学教授、帝京大学教授等を歴任。現在、立教大学名誉教授、文学博士 ※2018年7月現在
【主要編著書】『豊臣平和令と戦国社会』(東京大学出版会、1985年)、『戦国大名の権力構造』(吉川弘文館、1988年)、『雑兵たちの戦場』(朝日新聞社、1995年)、『刀狩り―武器を封印した民衆』(岩波新書、2005年)

このページのトップへ

著作一覧

飢餓と戦争の戦国を行く

飢餓と戦争の戦国を行く

飢饉・略奪…。中世のサバイバルシステム

著者:藤木 久志
 
戦国大名の権力構造

戦国大名の権力構造

戦国~織豊期の領国と権力構造の特質を追究

著者:藤木 久志
 
 
城破りの考古学

城破りの考古学

封印された城郭が語る戦国の作法

 
奥羽から中世をみる

奥羽から中世をみる

平泉政権、安藤・伊達氏、奥羽仕置など探る

 
 

このページのトップへ