安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大隅 和雄

大隅 和雄

名前 大隅 和雄
カナ オオスミ カズオ
 

プロフィール

1932年,福岡県に生まれる。1955年,東京大学文学部国史学科卒業。東京女子大学名誉教授。 ※2016年10月現在
【主要編著書】"『愚管抄を読む』(1986),『中世 歴史と文学のあいだ』(1993),『信心の世界、遁世者の心』(2002),『方丈記に人と栖の無常を読む』(2004),『中世仏教の思想と社会』(2005)

このページのトップへ

著作一覧

日本文化史講義

日本文化史講義

歴史の捉え方が変わる文化・思想史の必読書

著者:大隅 和雄
 
西行・慈円と日本の仏教

西行・慈円と日本の仏教

和歌・文学・仏像…。日本の固有性を考える

著者:大隅 和雄
 
 
中世 歴史と文学のあいだ

中世 歴史と文学のあいだ

数々の古典はいかにして中世に現われたのか

著者:大隅 和雄
 
 
日本の文化をよみなおす

日本の文化をよみなおす

現代に連綿と引継れている文化の原点に迫る

著者:大隅 和雄
 
知っておきたい 日本史の名場面事典
 
 
日本仏教史 中世

日本仏教史 中世

多数の写真を配し、平易に叙述した入門書

著者:大隅 和雄
中尾 堯
 
方丈記に人と栖の無常を読む

方丈記に人と栖の無常を読む

無常の処世観とは。日本人の心の原点に迫る

著者:大隅 和雄
 
 

このページのトップへ