安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 田端 泰子

田端 泰子

田端 泰子
名前 田端 泰子
カナ タバタ ヤスコ
 

プロフィール

1941年、兵庫県生まれ。1969年、京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、京都橘大学名誉教授、文学博士 ※2018年8月現在
【主要編著書】『乳母の力』(吉川弘文館,2005年)、『山内一豊と千代』(岩波書店、2005年)、『細川ガラシャ』(ミネルヴァ書房、2010年)、『足利義政と日野富子』(山川出版社、2011年)

このページのトップへ

著作一覧

室町将軍の御台所

室町将軍の御台所 474

公家と武家をつないだ女性たちの実像と役割

著者:田端 泰子
 
日本中世の村落・女性・社会

日本中世の村落・女性・社会

さまざまな視点で人びとの生き方を論じる

著者:田端 泰子
 
 
乳母の力

乳母の力 195

春日局、今参局ら、歴史を陰で支えた実像

著者:田端 泰子
 
日本中世の女性

日本中世の女性

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者:田端 泰子
 
 
日本中世の社会と女性

日本中世の社会と女性

ジェンダーの視点から社会の諸相を見直す

著者:田端 泰子
 
 

このページのトップへ