安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 松尾 剛次

松尾 剛次

名前 松尾 剛次
カナ マツオ ケンジ
 

プロフィール

1954年長崎県に生まれる。1981年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、94年東京大学大学院人文科学研究科より博士(文学)授与。現在山形大学教授、東京大学COE特任教授。 ※2010年12月現在
【主な編著書】『勧進と破戒の中世史』『日本中世の禅と律』『持戒の聖者 叡尊・忍性』

このページのトップへ

著作一覧

中世律宗と死の文化

中世律宗と死の文化

五輪塔などの死の文化を創造した律宗の実態

著者:松尾 剛次
 
中世都市鎌倉の風景

中世都市鎌倉の風景

武家の首都・鎌倉の実像に迫る

著者:松尾 剛次
 
 
持戒の聖者 叡尊・忍性

持戒の聖者 叡尊・忍性 10

戒律復興と民衆救済に献身する師弟の高僧伝

著者:松尾 剛次
 
鎌倉 古寺を歩く

鎌倉 古寺を歩く 202

知られざる鎌倉寺社散歩

著者:松尾 剛次
 
 
新版 鎌倉新仏教の成立

新版 鎌倉新仏教の成立

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者:松尾 剛次
 
 

このページのトップへ