安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 高橋 慎一朗

高橋 慎一朗

名前 高橋 慎一朗
カナ タカハシ シンイチロウ
 

プロフィール

1964年、神奈川県に生まれる。1988年、東京大学文学部国史学科卒業。1992年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。現在、東京大学史料編纂所教授 ※2016年10月現在
【主要編著書】『中世の都市と武士』(吉川弘文館、1996年)、『武家の古都、鎌倉』(山川出版社、2005年)、『中世都市の力』(高志書院、2010年)、『武士の掟』(新人物往来社、2012年)、『北条時頼』(吉川弘文館、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

日本中世の権力と寺院

日本中世の権力と寺院

六波羅の実態から幕府権力のあり方を解明

著者:高橋 慎一朗
 
北条時頼

北条時頼 274

鎌倉中期の執権、仏教者の実像に迫る!

著者:高橋 慎一朗
 
 
史跡で読む日本の歴史 6

史跡で読む日本の歴史 6

躍動する武士たちの世界がよみがえる!

著者:高橋 慎一朗
 
 

このページのトップへ