安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 木村 茂光

木村 茂光

木村 茂光
名前 木村 茂光
カナ キムラ シゲミツ
 

プロフィール

1946年北海道洞爺村生まれ。1978年大阪市立大学大学院文学研究科博士課程満期退学。現在帝京大学文学部教授・東京学芸大学名誉教授。日本学術会議会員、博士(文学)※2016年10月現在
【主な編著書】『日本古代・中世畠作史の研究』(校倉書房、1992年)、『日本初期中世社会の研究』(校倉書房、2006年)、『日本中世の歴史1 中世社会の成り立ち』(吉川弘文館、2009年)、『日本中世百姓成立史論』(吉川弘文館、2014年)

このページのトップへ

著作一覧

日本生活史辞典

日本生活史辞典

暮らしに関わる多様な事柄約2700項目!

 
頼朝と街道

頼朝と街道 435

幕府成立期に街道が果たした役割を解明する

著者:木村 茂光
 
 
大学でまなぶ日本の歴史

大学でまなぶ日本の歴史

高校教科書とはちがう「日本史」との出会い

 
日本中世百姓成立史論

日本中世百姓成立史論

上申文書の形式や身分呼称の変遷を分析する

著者:木村 茂光
 
 
日本農業史

日本農業史

古来、日本の農業は多様で豊かだった!

著者:木村 茂光
 
奈良と伊勢街道

奈良と伊勢街道 34

古都奈良とお伊勢参りの道をゆく

 
 
中世社会の成り立ち

中世社会の成り立ち 1

中世は「武士の世」だったのか?

著者:木村 茂光
 
日本中世の権力と地域社会

日本中世の権力と地域社会

権力と地域社会をテーマにした論考8編

著者:木村 茂光
 
 

このページのトップへ