安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 笠谷 和比古

笠谷 和比古

名前 笠谷 和比古
カナ カサヤ カズヒコ
 

プロフィール

1949年、神戸市生まれ。1978年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得、博士(文学)。現在、国際日本文化研究センター名誉教授 ※2017年10月現在
【主要著書】『主君「押込」の構造』(平凡社、1988年、講談社学術文庫、2006年)、『近世武家社会の政治構造』(吉川弘文館、1993年)、『徳川家康』(日本評伝選、ミネルヴァ書房、2017年)

このページのトップへ

著作一覧

江戸御留守居役

江戸御留守居役 89

近世の情報戦略に果した役割と実態を描く

著者:笠谷 和比古
 
真田松代藩の財政改革

真田松代藩の財政改革

日本的経営の理想として注目された名著復刊

著者:笠谷 和比古
 
 
関ヶ原合戦と大坂の陣

関ヶ原合戦と大坂の陣 17

豊臣・徳川15年抗争の真相。新見解多数

著者:笠谷 和比古
 
江戸御留守居役

江戸御留守居役 89

近世の情報戦略に果した役割と実態を描く

著者:笠谷 和比古
 
 

このページのトップへ