安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 高野 信治

高野 信治

高野 信治
名前 高野 信治
カナ タカノ ノブハル
 

プロフィール

1957年、佐賀県生まれ。1985年、九州大学大学院文学研究科博士後期過程(史学専攻)単位取得退学。現在、九州大学大学院比較社会文化研究院教授 ※2015年1月現在
【主な編著書】『近世大名家臣団と領主制』(吉川弘文館、1997年) 『藩国と藩輔の構図』(名著出版、2002年) 『近世領主支配と地域社会』(校倉書房、2009年) 『大名の相貌-時代性とイメージ化‐』(清文堂出版、2014年)

このページのトップへ

著作一覧

武士神格化の研究(全2冊)

武士神格化の研究(全2冊)

将門・正成・家康…。なぜ祀られたのか?

著者:高野 信治
 
近世大名家臣団と領主制

近世大名家臣団と領主制

家臣団・領主制・知行制の諸問題を解明

著者:高野 信治
 
 
武士の奉公 本音と建前

武士の奉公 本音と建前 393

泰平の世をしたたかに生きた〝武士たち〟

著者:高野 信治
 
近世大名家臣団と領主制

近世大名家臣団と領主制

家臣団・領主制・知行制の諸問題を解明する

著者:高野 信治
 
 

このページのトップへ