安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 五野井 隆史

五野井 隆史

名前 五野井 隆史
カナ ゴノイ タカシ
 

プロフィール

1941年 北海道に生まれる。1971年 上智大学大学院文学研究科博士課程単位修了。現在 聖トマス(旧英知)大学大学院教授・東京大学名誉教授 文学博士 ※2014年8月現在
【主な編著書】『日本キリスト教史』(吉川弘文館、1990年)、『日本キリシタン史の研究』(吉川弘文館、2002年)、『支倉常長』(吉川弘文館、2003年)、『キリシタンの文化』(吉川弘文館、2012年)

このページのトップへ

著作一覧

キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
 
徳川初期キリシタン史研究 補訂版

徳川初期キリシタン史研究 補訂版

特に日本人宣教者の位置づけを試みた労作

著者:五野井 隆史
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
支倉常長

支倉常長 234

慶長遣欧使節の仙台藩士の実像と時代に迫る

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
 

このページのトップへ