安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 有山 輝雄

有山 輝雄

名前 有山 輝雄
カナ アリヤマ テルオ
 

プロフィール

1943年 神奈川県生まれ 1967年 東京大学文学部国史学科卒業 1972年 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学 元東京経済大学教授 ※2016年12月現在
【主な編著書】 『海外観光旅行の誕生』(吉川弘文館, 2002年) 『陸羯南』(吉川弘文館, 2007年)  『「中立」新聞の形成』(世界思想社, 2008年) 『近代日本のメディアと地域社会』(吉川弘文館, 2009年)

このページのトップへ

著作一覧

近代日本のメディアと地域社会

近代日本のメディアと地域社会

新聞・電話・ラジオ…。受容した人々の実態

著者:有山 輝雄
 
甲子園野球と日本人

甲子園野球と日本人 14

日本独特の野球観の形成を考える。

著者:有山 輝雄
 
 
情報覇権と帝国日本Ⅲ

情報覇権と帝国日本Ⅲ

日朝間に視点をあてた唯一の情報通信史!

著者:有山 輝雄
 
情報覇権と帝国日本Ⅱ

情報覇権と帝国日本Ⅱ

東アジアの利権獲得をめぐる挑戦と挫折

著者:有山 輝雄
 
 
情報覇権と帝国日本Ⅰ

情報覇権と帝国日本Ⅰ

西欧情報覇権への帝国日本の挑戦を描く

著者:有山 輝雄
 
近代日本のメディアと地域社会

近代日本のメディアと地域社会

新聞・電話・ラジオ…。受容した人々の実態

著者:有山 輝雄
 
 
甲子園野球と日本人

甲子園野球と日本人 14

日本独特の野球観の形成を考える。

著者:有山 輝雄
 
海外観光旅行の誕生

海外観光旅行の誕生 134

メディアイベントに表れた日本人の対外意識

著者:有山 輝雄
 
 
陸羯南

陸羯南 246

ナショナリズムとは。孤高のジャーナリスト

著者:有山 輝雄
 
 

このページのトップへ