安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 森岡 清美

森岡 清美

名前 森岡 清美
カナ モリオカ キヨミ
 

プロフィール

1923年、三重県に生まれる。1948年、東京文理科大学哲学科卒業。1950年同大学院修士課程修了。 東京教育大学教授、成城大学教授、淑徳大学教授を歴任。東京教育大学文学博士。1990年紫綬褒章受章。※2016年10月現在
【主要編著書】『発展する家族社会学 継承・摂取・創造』( 有斐閣、2005) 明治キリスト教会形成の社会史(東京大学出版会、2005) 『ある社会学者の自己形成 幾たびか嵐を越えて』(ミネルヴァ書房、2012)

このページのトップへ

著作一覧

近代の集落神社と国家統制

近代の集落神社と国家統制

政府・地元住民・神職の対抗関係の中で分析

著者:森岡 清美
 
華族社会の「家」戦略

華族社会の「家」戦略

華族はいかに「家」の存続をはかったか。

著者:森岡 清美
 
 
真宗大谷派の革新運動

真宗大谷派の革新運動

革新運動の蹶起から挫折に至る全軌跡を解明

著者:森岡 清美
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
 

このページのトップへ