安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 原田 敬一

原田 敬一

名前 原田 敬一
カナ ハラダ ケイイチ
 

プロフィール

1948年、岡山県に生まれる。1982年、大阪大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。現在、佛教大学教授。 ※2015年11月現在
【主な編著書】『日本近代都市史研究』(思文閣出版、1997年)、『国民軍の神話』(吉川弘文館、2001年)、『日清・日露戦争』(岩波書店、2007年)、『日清戦争』(吉川弘文館、2008年)、『兵士はどこへ行った』(有志舎、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

軍隊と地域社会を問う

軍隊と地域社会を問う 9

人々の生活の中の軍隊の風景。シリーズ完結

 
日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
 
古都・商都の軍隊

古都・商都の軍隊 4

近畿を護る〝農村〟と〝都会〟の軍隊に迫る

著者:原田 敬一
 
日清戦争

日清戦争 19

近代日本最初の対外戦争のすべて

著者:原田 敬一
 
 
国民軍の神話

国民軍の神話 4

軍隊がつむぎだす生と死の神話

著者:原田 敬一
 
 

このページのトップへ