安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 瀧浪 貞子

瀧浪 貞子

名前 瀧浪 貞子
カナ タキナミ サダコ
 

プロフィール

1947年大阪府に生まれる。1973年京都女子大学大学院文学研究科修士課程修了。現在京都女子大学文学部教授。文学博士 ※2013年2月現在
【主な編著書】『日本古代宮廷社会の研究』思文閣出版、1991年。『最後の女帝 孝謙天皇』吉川弘文館、1998年。『帝王聖武 天平の勁き皇帝』講談社、2000年。『女性天皇』集英社新書、2004年

このページのトップへ

著作一覧

最後の女帝 孝謙天皇

最後の女帝 孝謙天皇 44

新観点から皇統にたいする苦悩の決断を究明

著者:瀧浪 貞子
 
奈良朝の政変と道鏡

奈良朝の政変と道鏡 2

〝悪僧〟イメージに埋もれた真の姿とは?

著者:瀧浪 貞子
 
 
源氏物語を読む

源氏物語を読む

光源氏登場から千年。虚構の中の正史とは

著者:瀧浪 貞子
 
 

このページのトップへ