安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 森下 徹

森下 徹

名前 森下 徹
カナ モリシタ トオル
 

プロフィール

1963年大阪府に生まれる。1993年東京大学大学院人文科学研究科博士課程終了。現在、山口大学教育学部教授。 ※2014年6月現在
【主な編著書】『山川リブレット45 武家奉公人と労働社会』(2007)、『身分的周縁と近世社会7 武士の周縁に生きる』(吉川弘文館、2007) 、『歴史文化ライブラリー347 武士という身分』(吉川弘文館、2012)

このページのトップへ

著作一覧

近世都市の労働社会

近世都市の労働社会

身分的周縁から技能労働などの実態を分析

著者:森下 徹
 
武士という身分

武士という身分 347

戦士なのか、官僚なのか。大名家臣団の実像

著者:森下 徹
 
 
武士の周縁に生きる

武士の周縁に生きる 7

大庄屋、地役人ら武士身分を取巻く人々描く

著者:森下 徹
 
身分的周縁を考える

身分的周縁を考える 9

第一線の研究者が全巻を見わたす討論

 
 

このページのトップへ