安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 井上 満郎

井上 満郎

名前 井上 満郎
カナ イノウエ ミツオ
 

プロフィール

1940年生まれ。1969年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得認定退学。現在、京都市歴史資料館長・京都産業大学名誉教授 ※2012年2月現在
【主な編著書】『研究史 平安京』(吉川弘文館、1978年) 『平安時代軍事制度の研究』(吉川弘文館、1980年) 『古代の日本と渡来人』(明石書店、1999年) 『桓武天皇』(ミネルヴァ書房、2006年)

このページのトップへ

著作一覧

桓武天皇と平安京

桓武天皇と平安京

〝千年の都〟の礎を築いた帝の足跡を訪ねる

著者:井上 満郎
 
秦河勝

秦河勝 267

飛鳥時代を生きぬいた聖徳太子の側近の生涯

著者:井上 満郎
 
 
研究史 平安京

研究史 平安京

平安京がいかに考えられ研究されてきたのか

著者:井上 満郎
 
 

このページのトップへ