安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 土生田 純之

土生田 純之

土生田 純之
名前 土生田 純之
カナ ハブタ ヨシユキ
 

プロフィール

1951年,大阪府出身。1974年,天理大学文学部国語学科卒業。1978年,関西大学大学院博士前期課程修了。現在,専修大学文学部教授,博士(文学) ※2012年2月現在
【主な編著書】『日本横穴式石室の系譜』(学生社,1991),『黄泉国の成立』(学生社,1998),『古墳時代の政治と社会』(吉川弘文館,2006),『古墳』(吉川弘文館,2011)

このページのトップへ

著作一覧

事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
多胡碑が語る古代日本と渡来人

多胡碑が語る古代日本と渡来人

最新の考古学成果で特有の文化を解明する

著者:土生田 純之
高崎市
 
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
古墳時代の政治と社会

古墳時代の政治と社会

墳墓の展開と渡来文化を探り国家形成を解明

著者:土生田 純之
 
 
古墳時代の実像

古墳時代の実像

東国・越・出雲など地方から古墳時代に迫る

著者:土生田 純之
 
 

このページのトップへ