安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 貴志 俊彦

貴志 俊彦

名前 貴志 俊彦
カナ キシ トシヒコ
 

プロフィール

1959年、兵庫県に生まれる。1993年、広島大学大学院文学研究科東洋史学研究科東洋史学専攻博士課程後期単位取得退学。現在、京都大学地域研究統合情報センター教授  ※2015年3月現在
【主な編著書】『戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2006)『資料で読む世界の8月15日』(山川出版社、2008年)『模索する近代日中関係-対話と共存の時代』(東京大学出版会、2009年)『二〇世紀満洲歴史事典』(共編著、吉川弘文館、2012)

このページのトップへ

著作一覧

日中間海底ケーブルの戦後史

日中間海底ケーブルの戦後史

国交正常化後初の日中共同プロジェクト

著者:貴志 俊彦
 
二〇世紀満洲歴史事典

二〇世紀満洲歴史事典

約800項目で満洲100年の歴史がわかる

 
 
満洲国のビジュアル・メディア

満洲国のビジュアル・メディア

建国から消滅までメディア戦略の全貌を検証

著者:貴志 俊彦
 
 

このページのトップへ