安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 栗山圭子

栗山圭子

名前 栗山圭子
カナ クリヤマ ケイコ
 

プロフィール

1971年生まれ 2004年神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了、博士(文学)日本学術振興会特別研究員を経て 現在、日本大学・埼玉学園大学・京都造形芸術大学非常勤講師 ※2012年11月現在
〈主要編著書〉「大納言佐という人―安徳乳母の入水未遂をめぐって―」『国語と国文学』86巻12号、2009『加西市史』第一巻、本編1(兵庫県加西市、2008、共著) 『歴史のなかの家族と結婚』森話社、2011、共著

このページのトップへ

著作一覧

中世王家の成立と院政

中世王家の成立と院政

院政の基盤となった「家」の形態に迫る

著者:栗山圭子
 
 

このページのトップへ