安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 刑部 芳則

刑部 芳則

名前 刑部 芳則
カナ オサカベ ヨシノリ
 

プロフィール

1977年 東京に生まれる。2010年 中央大学大学院文学研究科博士課程修了学位取得。現在、日本大学商学部准教授、博士(史学) ※2016年7月現在
【主要編著書】『洋服・散髪・脱刀―服制の明治維新―』(講談社選書メチエ、2010年)、『明治国家の服制と華族』(吉川弘文館、2012年)、『京都に残った公家たち―華族の近代―』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー、2014年)

このページのトップへ

著作一覧

明治をつくった人びと

明治をつくった人びと

近代国家建設を担った人々の姿がよみがえる

著者:刑部 芳則
 
三条実美

三条実美

知られざる個性に迫る、戦後初の伝記

著者:刑部 芳則
 
 
京都に残った公家たち

京都に残った公家たち 385

公家文化の伝統を残そうと奔走した姿を描く

著者:刑部 芳則
 
明治国家の服制と華族

明治国家の服制と華族

服制変化と華族階層の役割意識の違いを検討

著者:刑部 芳則
 
 

このページのトップへ