安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 鍛代 敏雄

鍛代 敏雄

名前 鍛代 敏雄
カナ キタイ トシオ
 

プロフィール

1959年神奈川県に生まれる。1988年国学院大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程満期退学。2001年博士(歴史学) 学位取得(国学院大学)。現在、国学院大学栃木短期大学教授。 ※2013年12月現在
【主な編著書】『中世後期の寺社と経済』(思文閣出版、1999年)。『神国論の系譜』(法蔵館、2006年)。『戦国期の石清水と本願寺-都市と交通の視座-』(法蔵館、2008年)

このページのトップへ

著作一覧

中世日本の勝者と敗者

中世日本の勝者と敗者 11

中世社会を読み解き、勝敗の意味を考える

著者:鍛代 敏雄
 
 

このページのトップへ