安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蓑輪 顕量

蓑輪 顕量

名前 蓑輪 顕量
カナ ミノワ ケンリョウ
 

プロフィール

1960年、千葉県に生まれる。1990年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院教授 ※2014年2月現在
【主な著書】『』中世初期南都戒律復興の研究(法蔵館、1999年)『日本瞑想論』(春秋社、2008年)『日本仏教の教理形成――法会における唱導と論義の研究』(大蔵出版、2009年)

このページのトップへ

著作一覧

事典 日本の仏教

事典 日本の仏教

日本人は仏教をどう理解し実践してきたのか

著者:蓑輪 顕量
 
 

このページのトップへ