安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 一坂 太郎

一坂 太郎

名前 一坂 太郎
カナ イチサカ タロウ
 

プロフィール

1966年、兵庫県芦屋市に生まれる。大正大学文学部史学科卒業。東行記念館学芸員を務めるも、同館閉館により退職。現在、萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問 ※2014年5月現在
【主な編著書】『高杉晋作史料』全三冊(マツノ書房、2002) 『高杉晋作』(文芸春秋、2002) 『長州奇兵隊』(中央公論新社、2002) 『高杉晋作の「革命日記」』(朝日新聞出版、2010) 『木戸孝允』(山川出版社、2010)

このページのトップへ

著作一覧

高杉晋作と長州

高杉晋作と長州

奇兵隊の軌跡を辿り晋作の波瀾の生涯を描く

著者:一坂 太郎
 
 

このページのトップへ