安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近江 俊秀

近江 俊秀

名前 近江 俊秀
カナ オウミ トシヒデ
 

プロフィール

1966年、宮城県に生まれる 1988年、奈良大学文学部文化財学科卒業 奈良県立橿原考古学研究所主任研究員を経て 現在、文化庁文化財部記念物課埋蔵文化財部門に勤務 ※2015年3月現在
【主な編著書】『道が語る日本古代史』(朝日新聞出版、2014年)『日本の古代道路―道路は社会をどう変えたのか―』(角川学芸出版、2014年)『古代都城の造営と都市計画』(吉川弘文館、2014年)

このページのトップへ

著作一覧

平城京の住宅事情

平城京の住宅事情 396

都で働く人々はどこに住んでいたのか

著者:近江 俊秀
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
 

このページのトップへ