安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 林屋 辰三郎

林屋 辰三郎

名前 林屋 辰三郎
カナ ハヤシヤ タツサブロウ
 

プロフィール

1914年 石川県金沢市に生まれる。1938年 京都帝国大学文学部国史学科卒業。立命館大学教授、京都大学教授、京都国立博物館長を歴任。1998年 没
【主な編著書】『中世芸能史の研究』(岩波書店、1960年)、『町衆』(中央公論社、1964年)、『日本芸能史論』(全三巻、淡交社、1987年)、『日本史論聚』(全八巻、岩波書店、1988年)

このページのトップへ

著作一覧

角倉素庵

角倉素庵

近世経済や文化の発展に足跡を残した生涯

著者:林屋 辰三郎
 
内乱のなかの貴族

内乱のなかの貴族

貴族の日記から見える権威を巡るせめぎ合い

著者:林屋 辰三郎
 
 

このページのトップへ