安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 遠藤 ゆり子

遠藤 ゆり子

名前 遠藤 ゆり子
カナ エンドウ ユリコ
 

プロフィール

1970年、山形県生まれ 2005年、立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了 弘前学院大学社会福祉学部専任講師を経て、現在、淑徳大学人文学部准教授(博士) ※2016年2月現在
【主な編著書】『産金村落と奥州の地域社会(近世前期の仙台藩を中心に)』(岩田書院、2012年) 「戦国時代の伊達領国にみる村請の村―段銭帳の分析―」(『弘前大学國史研究』137号、2014年)、『伊達氏と戦国争乱』(『東北の中世史』4、吉川弘文館、2015)

このページのトップへ

著作一覧

戦国時代の南奥羽社会

戦国時代の南奥羽社会

大名たちの領国支配や地域社会の特徴に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
伊達氏と戦国争乱

伊達氏と戦国争乱 4

戦に明け暮れた東北戦国大名らの動向に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
 

このページのトップへ