安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 高橋 充

高橋 充

名前 高橋 充
カナ タカハシ ミツル
 

プロフィール

1965年、千葉県に生まれる。1989年、東北大学文学部史学科卒業。1994年、東北大学大学院文学研究科博士課程後期(中退)。現在、福島県立博物館学芸員 ※2016年2月現在
【主な編著書】「南奥羽の蒲生領の支城配置」(藤木久志・伊藤喜良編『奥羽から中世をみる』吉川弘文館 2009年)「奥羽と関東のはざまにて―戦国期南奥の地域権力―」(『講座東北の歴史3 境界と自他の認識』清文堂出版、2013年)

このページのトップへ

著作一覧

東北近世の胎動

東北近世の胎動 5

近世への転換期の東北を多様な視点で描く

著者:高橋 充
 
 

このページのトップへ