安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平将門と東国武士団

平将門と東国武士団 1

平将門と東国武士団

東国国家樹立を目指した平将門の乱は何をもたらしたか。将門追討で功をなした人々を辿り、保元・平治の乱にいたる東国武士団に迫る。

著者 鈴木 哲雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 動乱の東国史
出版年月日 2012/08/23
ISBN 9784642064408
判型・ページ数 4-6・340ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

将門と東国―プロローグ/坂東の歴史風景―古代から中世へ(坂東の風景/交通と自然環境/将門以前/《コラム》御食都国=安房国の神々)/平将門の乱(『将門記』と緒戦―鬼怒川=香取内海地域での戦い/平氏一族の内紛―将門と良兼/調停者将門による坂東支配/《コラム》子飼の渡と堀越の渡―毛野川と子飼川/《コラム》『将門記』の兵と中世武士―武士とは何か)/新皇将門の敗北(新皇将門の国家構想―内海の都と坂東国家/東西の兵乱のなかで/藤原秀郷と将門の敗北/『将門記』の語り/《コラム》将門伝説の関連史跡―石井営所の周辺)/勝者たちの歴史―将門以後(秀郷流藤原氏の東国蟠踞/貞盛流平氏の活動/清和源氏と良文流平氏/良文流平氏と平忠常の乱/《コラム》三浦氏一族の本拠地―衣笠城)/奥羽の地域社会と前九年・後三年合戦(奥羽の地域社会/前九年・後三年の合戦/清原氏の援軍と東国武士/延久の蝦夷合戦から後三年の合戦へ/《コラム》蝦夷の衣服―狭布の細布胸合わじ/《コラム》中世都市平泉と中尊寺/《コラム》多家宗基の経筒―茨城県土浦市東城寺の経塚)/東国武士団と保元・平治の乱(荘園公領制の成立/荘園・公領をめぐる相克/源義朝と東国武士の抗争/保元・平治の乱と東国武士/《コラム》御厨の風景―『彦火々出見尊絵巻』の一場面から/《コラム》女堀の開削―秀郷流藤原氏の上野・下野への簇生)/日本列島のなかの東国社会―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

東国国家樹立を目指した平将門の乱は何をもたらしたのか。将門追討で功をなした人々の系譜を辿り、保元・平治の乱にいたる東国武士団の動勢に迫る。坂東の水上交通や自然環境にも注目し、中世成立期の東国を描く。

このページのトップへ

関連書籍

相模武士団

相模武士団

政治権力の磁場に生起した武士団の興亡!

著者:関 幸彦
 
覚醒する〈関東〉

覚醒する〈関東〉 3

東国から見つめ直す古代社会の変容と終焉

著者:荒井 秀規
 
 
列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
 
摂関政治と地方社会

摂関政治と地方社会 5

中世への胎動の時代。新視点を交えて描く!

著者:坂上 康俊
 
将門伝説の歴史

将門伝説の歴史 407

叛逆者と英雄の狭間で揺れる将門伝説の世界

著者:樋口 州男
 
 
平安時代の死刑

平安時代の死刑 397

1000年の時を超え現代の死刑制度を問う

著者:戸川 点
 
熊谷直実

熊谷直実 384

僧となった東国武士。苦悩と行動の真意とは

著者:高橋 修
 
 
武蔵武士団

武蔵武士団

平家物語・太平記から浮かび上がる全貌!

著者:関 幸彦
 
在庁官人と武士の生成

在庁官人と武士の生成

源平中心とは異なる視角で武士の成立を探究

著者:森 公章
 
 
東国の戦国争乱と織豊権力

東国の戦国争乱と織豊権力 7

東国にとっての「天下統一」を問う

著者:池 享
 
平将門の乱

平将門の乱 4

新皇将門と時代を描き、歴史的影響を検証

著者:川尻 秋生
 
 
東北の争乱と奥州合戦

東北の争乱と奥州合戦 5

東北と源氏の戦争の全貌に迫る

著者:関 幸彦
 
伝説の将軍 藤原秀郷

伝説の将軍 藤原秀郷

将門を討った男。英雄伝説に秘められた実像

著者:野口 実
 
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
源義家

源義家

武門の棟梁の威名天下に轟いた八幡太郎伝

著者:安田 元久
 
 
奥州藤原氏四代

奥州藤原氏四代

清衡以下四代の事蹟とその興亡の跡を解明

著者:高橋 富雄
 
 

このページのトップへ