安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蒙古合戦と鎌倉幕府の滅亡

蒙古合戦と鎌倉幕府の滅亡 3

蒙古合戦と鎌倉幕府の滅亡

蒙古襲来をしのぎ、幕府権力を掌中におさめた北条氏。その栄光と挫折を、発展と荒廃の狭間にあった変わりゆく東国社会から読み解く。

著者 湯浅 治久
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 動乱の東国史
出版年月日 2012/10/22
ISBN 9784642064422
判型・ページ数 4-6・292ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

幕府政治の爛熟と目ざめる東国社会―プロローグ/宝治合戦と得宗政治(執権北条時頼と宮騒動/北条氏と三浦氏/宝治合戦と三浦氏の滅亡/得宗政治の出発/《コラム》三浦氏の迎賓館―田村館)/都市鎌倉と「鎌倉の仏教」(都市鎌倉の繁栄/禅密・浄土・律の興隆/日蓮と都市鎌倉/鎌倉と東西の文化交流/《コラム》故郷・本郷・生国―日蓮のふるさと観)/東国武士団と地域社会(東国武士のすがた/東国武士の国づくし/荘園と郷、館と寺院/鎌倉と田舎/《コラム》歩いて・見る 武蔵武士の館と郷村―小代屋敷と木伐沢村)/蒙古襲来と日蓮(蒙古襲来の衝撃/北条時宗の登場/蒙古合戦と東国武士/広がる世界、刻まれる恐怖/《コラム》東国の神々の戦い―香取社の懸仏)/霜月騒動と東国武士(安達泰盛と弘安徳政/霜月騒動と平禅門の乱/得宗専制と公武徳政/東国武士社会の変化/《コラム》北条時頼の廻国伝説―その真実)/鎌倉幕府の滅亡(悪党と有徳人/北条高時の政治と北条氏の分裂/新田氏と足利氏/畿内・東国の合戦と北条氏の滅亡/《コラム》七里浜の磯づたい―新田義貞鎌倉攻めの真実)/果てしない抗争から民衆の時代へ―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

蒙古襲来をしのぎ、武士団の抗争を制して幕府権力を掌中におさめた北条氏は、なぜ滅亡への道を歩んだのか。流通の拡大、新仏教の展開、悪党の跳梁など、発展と荒廃の狭間にあった、変わりゆく東国社会から読み解く。

※小社サイトに掲載する本書の表紙画像は一部加工してあります。予めご了承ください。

このページのトップへ

関連書籍

ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
 
新田一族の中世

新田一族の中世 408

『太平記』に刻まれた“武家の棟梁”の姿!

著者:田中 大喜
 
悪党

悪党

中世に躍動したアウトローたちの実態を描く

著者:小泉 宜右
 
 
足利尊氏と関東

足利尊氏と関東

尊氏ゆかりの関東に、等身大の姿を発見!

著者:清水 克行
 
鎌倉幕府滅亡と北条氏一族

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族 7

武士の世を築いた〝敗者〟が残した遺産とは

著者:秋山 哲雄
 
 
東国の戦国争乱と織豊権力

東国の戦国争乱と織豊権力 7

東国にとっての「天下統一」を問う

著者:池 享
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
 
蒙古襲来

蒙古襲来 7

国家の兵と武者との戦い。隠された実相迫る

著者:新井 孝重
 
武者の世

武者の世

頼朝の時代から鎌倉幕府滅亡まで解く

著者:福田 以久生
 
 
北条時宗

北条時宗 230

蒙古襲来の時代を生きた第八代鎌倉幕府執権

著者:川添 昭二
 
鎌倉北条氏の興亡

鎌倉北条氏の興亡 159

イメージを一新する知られざる光と影の歴史

著者:奥富 敬之
 
 
神風の武士像

神風の武士像 120

神国思想はどのように誕生したか!

著者:関 幸彦
 
モンゴルの襲来

モンゴルの襲来 9

世界史的視野からモンゴルの襲来に迫る

著者:近藤 成一
 
 

このページのトップへ